過激すぎる『ドメスティックな彼女』袋とじ復活に大反響!「ドスケベシーンだけじゃねぇかふざけんな(歓喜)」【マガジン18号】

マンガ・アニメ

2017/4/7

    img01.jpg
    「週刊少年マガジン」18号(講談社)

 2017年4月5日(水)に発売された「週刊少年マガジン」18号に『ドメスティックな彼女』(以下、『ドメカノ』)の袋とじマンガが掲載され「中身がただのエロ本www」「少年漫画の域を超えている」「ドスケベシーンだけじゃねぇかふざけんな(歓喜)」と大反響を呼んでいる。

    img02.jpg

 『ドメカノ』は男子高校生・夏生が高校教師・陽菜とクールな少女・瑠衣と同居するところから始まるラブストーリー。これまでも官能小説や過激な内容の袋とじ漫画が掲載されており、袋とじはこれが第2弾となる。前回の袋とじは想像を超える過激な内容で話題騒然となり、通常時より『マガジン』発行部数が大きく伸びる結果となった。今号では一挙に2話が掲載され、通常の連載では卒業式の日に律が片思い相手の先輩・モモへの告白に挑むエピソード、袋とじでは夏生と陽菜のエピソードが描き下ろされている。

 掲載が予告された時点でかなりの期待が寄せられていた今回の袋とじ。前回にも増してきわどい描写の連発に「少年マガジンの域を余裕で越えてる!! 夏生羨ましすぎ」「少年誌としてあり得ないだろもっと見せろ」と読者は大満足の様子だ。中にはあまりの可愛さに「ドメカノ読んだけどごめんちょっと一人にして」「袋とじ超よかったわ…。さて一瞬席外します」とどこかへ姿を消す人も…。

 作者の流石景はTwitterで「担当氏曰く、他部署の美人さんが袋とじの情報を見て『今の流れでなんで袋とじが陽菜なの!? 絶対に許さない!!!』と怒鳴り込んで来られたそうです」と言った裏話を明かしていたが、「いや、僕は陽菜を待ってました!」「陽菜好きの自分としてはめちゃめちゃ嬉しい限りです」と陽菜派の読者からは喜びの声が上がっている。ちなみにその人は流石の説明で納得したとのことだが、その理由は袋とじで確かめよう。

 袋とじは前回同様電子版での掲載はなく、単行本に収録される予定もない。「家族で読み回してるからこういうのめっちゃ困ると… 言いつつ2冊買ってきたわ」と複数購入でカモフラージュする猛者もいるようなので、あらゆる手を尽くして購入&開封してほしい。