長崎にある雨の夜にしか開かないカフェの秘密とは? 店主はミステリアスな美青年で……。お菓子の歴史と今をつむぐ、グルメ小説が登場!

文芸・カルチャー

2017/4/11

『長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本』(江本マシメサ/宝島社) 長崎に行きたくなるし、恋がしたくなるし、カステラが食べたくなるし……「なるなる」尽くしの一冊だった『長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本』(江本マシメサ/宝島社)。 進学を機に長崎へやって来た女子大学生、日高乙女(ひ... 続きを読む