ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の小栗旬&西島秀俊がかっこよすぎる「役の個性をしっかり活かしたアクションがすごい!」

エンタメ

公開日:2017/4/16

    img01.jpg
    『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(小説:周木律、原案:金城一紀/KADOKAWA)

 ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の第1話が2017年4月11日(火)に放送された。小栗旬・西島秀俊の共演に注目が集まっていた同ドラマだが、初回からさっそく見応え抜群のアクションを披露し「小栗旬西島秀俊のアクションがキレッキレすぎる!」と話題になっている。

 同ドラマは“テロリスト”や“軍事スパイ”といった国家を揺るがす事件に立ち向かう「公安機動捜査隊特捜班」の活躍を描いたアクションエンターテイメント。小栗と西島はどちらも特捜班の捜査員を演じている。小栗が扮する稲見朗(いなみあきら)は自衛隊に所属していた過去を持つ捜査員で、派手な立ち回りで犯人を制圧するのが特徴。

 そんな稲見を演じる小栗は、物語前半でいきなりナイフを持つターゲットと大立ち回り。それも新幹線の車内という狭い空間での戦闘だったのだが、座席などを最大限に利用したアクションを見せる。この一連のシーンには「やっべ小栗旬かっこよすぎる」「役の個性をしっかり活かしたアクションがすごい! 確かに派手だった!」「小栗旬つええええ!」と興奮する視聴者が続出。

 一方で西島が演じる田丸三郎は派手な稲見とは対照的な、冷静に犯人を制圧するキャラクター。同じく新幹線内でのアクションでも、西島は一瞬の早業でスマートにターゲットを拘束してしまった。こちらのアクションにも視聴者からは「西島秀俊のアクションめっちゃ渋い!」「数秒の出来事だったけど動きにキレがあってすごいドキドキしちゃった」との声が。また「2人のアクションが好対照で互いに魅力を引き立ててる」と分析する人も。

 さらに犯人を拘束した後に、ターゲットが爆弾を隠し持っていることが発覚。稲見はこれに大胆すぎる行動で対処するのだが、ここまでの緊迫したストーリーが展開された後にやっとOP映像が流れる。あまりにも高密度な序章に「第1話完結したかと思ったらまだ16分しか経過してなくて笑ったwww」と驚きの声が上がった。

 第2話では田丸の目の前で“国家の危機”を訴えたフリージャーナリストが謎の中毒死。真相を追う田丸と稲見は、殺し屋と息つく暇もない激しい攻防戦に…。次回も見逃せない!

■ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」
放送日:毎週火曜日21:00~
原案:金城一紀
出演:小栗旬西島秀俊、田中哲司、野間口徹、新木優子 など
公式サイト:http://www.ktv.jp/crisis/index.html