平山夢明 「小説は現実で当事者となったときの一つの示唆」

平山夢明

2012/1/25

 はぐれ者、嫌われ者、ごくつぶし、ろくでなし、英雄──死を迎える様々な人間たち。さらに愛情や“からっぽ”といった「概念」も死を迎える。鬼才・平山夢明は、新刊『或るろくでなしの死』(角川書店)で、ありとあらゆるものが死にいく過程を描いた。  「この連作短編集では、みんなが大事にする善なるものを踏みにじっていく者の精神を... 続きを読む