ドラマ「100万円の女たち」野田洋次郎のキスシーンに悲鳴を上げるファン「面白いから見るけど、思わず“やめてー!”って叫んだ」

エンタメ

2017/4/26

 ドラマ「100万円の女たち」第2話が2017日4月20日(木)に放送された。今回のエピソードではRADWIMPS・野田洋次郎がキスシーンを披露し、ファンからは「洋次郎のキスシーンを見る日が来るなんて…。直視出来ない」と悲鳴が上がった。

 野田が演じる主人公・道間慎が、5人の女たちと奇妙な共同生活を送る同ドラマ。第2話「価値観」では、そんな5人の女の中の1人で、家の中では常に全裸で過ごす謎の多い人物・白川美波(福島リラ)の仕事が明らかになった。

 今回、売れない小説家の道間はスランプに陥ってしまうのだが、そんな姿を見て美波は「私の仕事、特別に見せてあげる」と道間を職場に連れ出す。その職場とは、なんと高級売春クラブのオフィス兼“待機部屋”。人気アイドルも所属しており、道間は狼狽えてしまった様子。すると美波は「私があんたを連れ出したの、なんでだと思う?」と訪ね、「価値観がぐらぐら揺れていたからよ」と連れ出した理由を語る。

 その後道間を観察するように眺めまわした後に突然のキス。「からかわないでよ」と一度は道間に払いのけられたが、「私は遊びでキスしたりしない」と、再度濃厚な接吻を交わした。

 視聴者からは「洋次郎がキスシーンやってる! これはきっと夢だ…」「私が死んだら死因は『洋次郎のキスシーン』にしてくれ…」「つらい! つらい! つらい! 面白いから見るけど、思わず“やめてー!”って叫んだ」との声が続出。

 さらに第2話のラストは、道間が裸の美波を抱きしめてしまったシーンで終わり「これ来週はベッドシーンもあるんじゃ… もしそうなら発狂するかもしれん」と危惧する声も。第3話で野田はどのようなシーンを演じるのか、ファンにとってはハラハラする展開が続きそうだ。

■木ドラ25「100万円の女たち」
主演:野田洋次郎(RADWIMPS)
原作:青野春秋
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/100man/