「これは永久保存版だな…!」連載20周年記念『ONE PIECE magazine』にエースが主人公の小説掲載にファン歓喜

アニメ・マンガ

2017/4/30

『ONE PIECE』連載20周年を記念して刊行される『ONE PIECE magazine』の最新情報が2017年4月24日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』21・22合併号で明かされた。中でもルフィの義兄・エースの公式ノベライズが連載されるとあって、「エースの小説!? なんだそれめちゃくちゃ読みたい!」「これは永久保存版だな…!」と興奮の声が続出している。

 今回公開された情報では、尾田栄一郎の描き下ろしイラストが表紙&ポスターとなること、特別付録として質感や素材、加工にまでこだわった「“麦わらのルフィ”超リアル手配書」が登場すること、そしてエースの半生を描いた小説「ONE PIECE novel“A”」が連載されることが明かされた。

 小説では、「鬼の子」と呼ばれたエースの過去や本編で語られなかった秘密が明かされるとあって、「エースが生きてる間の話!? ありがとうございます…!」「エースの半生とか考えるだけで魂が震える」「腰のナイフとかメラメラの実を食べた時のこととか知りたいことばっかり」とファンからかなりの期待が寄せられているようだ。また、「小説が完結したらアニメ化してほしい…」「アニメ番外編でもう一度エース登場して!!」と発売前からアニメ化を願うファンも後を絶たない。

 『ONE PIECE magazine』では、読者募集企画「スーパーSBS(SSBS)」も開催。原作コミックの名物コーナー「SBS」のひとつ上を行く企画として、「UGK(ウソップギャラリー海賊団)出張版」といったSBSでもお馴染みの企画のほか、「オレ自慢PHOTO募集!!」コーナー、「集え俳人! ONE PIECE川柳募集!!」コーナーと4つの企画で読者からの投稿を募集。読むだけでなく参加することでも楽しめる、ファン必見の雑誌となっている。

    img02
    『週刊少年ジャンプ』21・22合併号(集英社)