人工知能が突きつける課題に、人類はどう答えるのか?『エクサスケールの少女』【書評】

文芸・カルチャー

2017/4/27

古代と未来、この両極の間で読者はハレーションを起こすだろう。人工知能やスーパーコンピュータ、そしてその先に予言される「シンギュラリティ」という未来的なテーマだけでも、十分すぎるほどに壮大である。しかし本書では、そうした装いはひとつの装置にすぎない。この物語が鼓動するそのリズムは、何時ぞやの未来からやってきたようなよそ... 続きを読む