『磯部磯兵衛物語』×中田ヤスタカのコラボ曲&PVが「中毒性高すぎる」と話題に

アニメ・マンガ

2017/5/3


 2017年4月24日(月)に『磯部磯兵衛物語』と中田ヤスタカのコラボPVが解禁されたのだが、あまりにも『磯部磯兵衛物語』らしい世界観の動画となっており、視聴者からは「タイトルからあほすぎるし内容もあほすぎる(誉め言葉)」と絶賛の声が上がっている。

 今回のPVは、同漫画の大ファンである中田ヤスタカがコラボ曲を提供したことによって実現。PVのタイトルは「磯部磯兵衛 with 中田ヤスタカで候」というもの。こちらは比較的一般的なタイトルとなっているのだが、視聴者の間で話題になっているのは楽曲の方のタイトル。PV内では冒頭で、アニメーションで描かれた主人公・磯部磯兵衛が自ら曲名を紹介しており「それでは聞いてください『せいせせいせいせいせせいせい』」との台詞を放つ。

 この『せいせせいせいせいせせいせい』がズバリ曲のタイトルのようで、ファンからは「曲名でオチてるwww」「一瞬磯兵衛が何言っているのかわからなかったけど曲名だったのかよ!(笑い)」「磯兵衛の格好つけた言い方がじわじわくるwww」との声が相次いだ。

 さらに動画の内容もかなり独特なものに。PVでは中田ヤスタカのお馴染みなサウンドに合わせて“浮世絵”のようなアニメーションがつけられているのだが、曲が始まるとともに「せいせせいせいせいせせいせい」という歌詞(?)が繰り返される。そして映像の方は、磯部が布団に出たり入ったりしたり、浜辺を満面の笑顔で走り抜けるシーンが描かれていく。

 あまりにも斬新なPVに、SNSなどでは「なんだこれは… どうすれば良いのだ?」と困惑する声もちらほら。しかし中には「昨日から『せいせせいせいせいせせいせい』の動画が頭から離れない」「よく聞くと曲がめっちゃカッコイイ! 1日10回は見てる」「キレキレなサウンドとゆるい“浮世絵”イラストのギャップが笑える」「中毒性たけえええ!」と癖になってしまう人も多い模様。

 まだ未チェックの人はぜひその世界観に浸ってみよう…。