『キミスイ』文庫化&映画化決定! “住野よる”作品が若者の心を掴むワケとは?

文芸・カルチャー

2017/5/30

『君の膵臓をたべたい』(住野よる/双葉社)

今もっとも注目されている若手作家といえば、真っ先に住野よる氏の名が挙げられるだろう。デビュー作『君の膵臓をたべたい』(通称キミスイ)での鮮烈なデビューと、ネット上を中心にまきおこった「キミスイ」ブーム。その後も、『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し「」ご「」と「」』などを次々と上梓し、どの作品も若者の強い支持を集めている。『キミスイ』は、ついに累計発行部数80万部を突破。4月28日には文庫化され、そして、7月には映画化作品の公開も決定している。彼の作品の何に若者は惹き付けられ、こんなにも心奪われているのだろうか。

『キミスイ』の舞台は、今よりも医療技術が発達した少し先の未来。友人をひとりも作れず、周囲と関わることを避けて生活してきた高校生の主人公は、ある日、クラスの人気者・山内桜良が綴っていた秘密の日記「共病文庫」を拾う。日記によれば、彼女は膵臓の病で余命いくばくもないらしい。とても死が近いとは思えないほど、天真爛漫に振る舞う桜良に振り回される主人公。しかし、病を患う彼女に、残酷な現実が突きつけられる。

ネット上には次のような声が集まっている。

ぐっと締め付けられるような感動で胸がいっぱいになりました。※1

よくぞここまで泣けるなと言うほど泣いてしまった。※2

読み終わってからも余韻がずっと残ってる小説。※3

キミスイ読んで人生変わったと言っても過言ではない※4

キミスイ面白かったよ!ジャンルは個人的にライト文芸青春小説って感じかな ケータイ小説とか好きなら絶対合うと思う!あとすごい読みやすい!台詞回しもオシャレだった 注意としては人前で読まない方がいいかな!いろんな意味で!※5

キミスイ思い出しただけで泣けるから私の中で一生ベストセラーなんだと思う。 本棚に私的ベストセラーコーナー作ろうかな※6

そもそも住野氏のデビューの仕方は今までの出版業界の常識からみると、とても特殊だ。プロの作家になる方法といえば、新人賞を勝ち取ることが一般的だが、住野氏はその王道を通っていない。高校時代から小説を書き続け、様々な賞に作品を出すも長くデビューができなかった。そこで、小説投稿サイト「小説家になろう」に小説を投稿してみると、「キミスイ」がサイト上で話題となり、編集者の目に留まり、『キミスイ』の書籍化が決定した。そして、2016年には「本屋大賞」第2位を受賞するほど世に名を馳せるに至った。住野氏は、若者たちによって見出され、若者たちに愛され続けている作家といえる。

『キミスイ』は、読書好きな層ばかりでなく、今まで本をあまり読んだことのなかった層の心をも掴んだ作品だ。読みやすい文体と、心を打つ台詞の数々。限りある生のなかで繰り広げられる純なる想い。切ないストーリー展開。住野氏の作品にはどの作品も温かな優しさがある。

このブームはますます多くの人に広がっていくに違いない。かつて「セカチュー」こと『世界の中心で、愛をさけぶ』が社会現象となったように、映画化によりでブームが加速するのは必然のこと。「キミスイ」に限らず“住野よる”という作家の作品を、本好きもそうでない人もぜひこの機会に手にとってほしい。

文=アサトーミナミ

(※1)(※2)(※3)読書メーターより
(※4)(※5)(※6)Twitterより