遺伝子実験によって生まれた謎の巨大怪獣の標的になったのは「東京」…アメコミ界のレジェンドが放つ怪獣VSロボットコミック日本初上陸

マンガ・アニメ

2017/5/18

 アメリカ・コミック界を代表するアーティスト2人によるコミック『ザ・ビッグガイ&ラスティ・ザ・ボーイロボット』が、2017年5月15日(月)に発売された。

 大怪獣ロボットバトル日本襲来! 『ハードボイルド』シリーズで読者に強烈なインパクトを与えた、アメコミ界を席巻し続ける伝説のアーティスト、フランク・ミラーとジェフ・ダロウによる大怪獣&ロボットアクションコミックが遂に邦訳化。

    img02

 ミラーの悪意とダロウの猛画力の餌食になったのは美しい国ニッポン? ミラーの怪獣映画の思い出と、悪ガキ的悪ノリ全開でおもちゃにされる東京の壊れっぷりが、ダロウの緻密な絵でコミックになった。

    img03
    img04

 遺伝子実験によって生まれた謎の巨大怪獣が大都会東京を恐怖の渦へと巻き込んでいく。立ち向かうのは鉄人ビッグガイとラ・ラ・ラロボット少年ラスティ。果たして彼らは巨大な敵を倒すことが出来るのか? さあ、あなたも地球を守るヒーローとともに闘いの真っ只中へと飛び込もう。

    img05
    img06

フランク・ミラー
1957年生まれ。アメリカのライター、アーティスト、映画監督。『デアデビル』『バットマン・ダークナイト・リターンズ』『バットマン・イヤーワン』『シン・シティ』『300』他、代表作多数。最も評価が高くかつ最も影響力の大きいコミック・クリエイターのひとりである。

ジェフ・ダロウ
1955年生まれ。コミック・アーティスト、ライター、デザイナー。メビウスとのポートフォリオの共同制作や、フランク・ミラーと共同制作した『ハードボイルド』『ザ・ビッグガイ&ラスティ・ザ・ボーイロボット』など、数々の作品を発表。映画「マトリックス」ではコンセプチュアル・デザイナ―もつとめた。アイズナー賞受賞歴を持つ。

※掲載内容は変更になる場合があります。