“夕方パンパン”の「ブス脚」もこのサンダルで「モデル美脚」に!

健康・美容

2017/5/11

 夏のような気候だったゴールデンウィーク。急に薄着になって焦った女性は多いのではないでしょうか。ポッコリお腹、たぷたぷの二の腕、ご立派な脚。冬の間に溜め込んだ脂肪たちが露わに。つい目をそむけたくなるものですが、こんな身体になったのも自業自得なんですよね…。


 気になるところはそれぞれかと思いますが、その中でも“脚”にお悩みを持つ人は多いでしょう。すらっとしたキレイな脚の人を見ると、同性でもついつい見とれてしまいます。そんな美脚にサンダルをはくだけで近づけるというのが、『はくだけで足の疲れとむくみにサヨナラ まっすぐモデル美脚になる!BIKYAKU&COサンダル』(主婦の友社)。監修をしたのは、30年間にわたり、2万人以上の女性の骨格や脚の悩みを解決し、TV、雑誌等でおなじみの美脚のスペシャリスト斉藤美恵子先生。はくだけでまっすぐ「モデル美脚」になれるとは一体どんな秘密があるのでしょうか…?

■そもそも「モデル美脚」の定義って?

 細い脚に憧れる人は多いかと思いますが、細いだけではキレイに見えず、ただの貧相な脚に。斉藤先生が考える「モデル美脚」とは、骨に皮がついただけの細い脚ではなく、しなやかな脂肪と引き締まった筋肉がついたバランスのいい脚。ポイントとなる5つの定義があるのです。

・脚全体がまっすぐ
・足首がしまっている
・ふくらはぎに余計な肉がない
・太ももの間に適度なあきがある
・肌にハリがある

 自分の脚を見ていかがでしょうか? シルエットはもちろん、肌の質感なども重要になってくるのです。ひとつの要素だけで決まるものではなく、いくつもの要素が複合的にからみあい、バランスのいい脚こそ「モデル美脚」なのです!

■なぜ、美脚サンダルをはくだけでいいのか?

 斉藤先生が独自に開発したオリジナルサンダル。はくだけで「モデル美脚」になれる理由は“デトックスラインが刺激される”から。

 まず、脚がむくんだり太くなる理由のひとつに「脂肪が冷えて固まってしまっている」ということがあります。この脂肪を放っておくとリンパの流れを邪魔し、ますます老廃物がたまりむくむ…という悪循環に。老廃物は溜め込まず流していくことが重要なのです。美脚サンダルでは、土踏まずの少し上、くぼんだところにあるツボ「湧泉」から、かかとの内側のつけ根部分までを結んだ線=デトックスラインを刺激されるよう突起がついている。したがって歩くたびに刺激を受け、常に足裏マッサージをしている状態に! また、カーブにフィットするような設計や負担をかけず疲れにくいようにされているのも嬉しいポイントです。


 実際にはいてみたのですが、慣れないうちは歩くたびに痛みが…!! しかし斉藤先生曰く、「はくと痛いのは効いている証拠! 老廃物がたまっていたりするなど原因があるから痛いのです。サンダルをはき続けているうちに脚の状態が改善されていけば、痛くなくなってきます」とのこと。たしかに1週間も経てば最初のような痛みはなくなり、むしろ痛気持ちいいくらいに。主に日中室内で使用していたのですが、以前は夕方にはパンパンにむくんでいたのがむくみにくく! また、小冊子には「美脚生活アドバイス」や「7days簡単エクササイズ」なども掲載されているため、合わせて実践するとさらに効果が期待できそう。


 本記事で紹介したのは「足の疲れとむくみ」に効くものでしたが、同シリーズには「O脚&X脚」を改善するものもあるので、ぜひ自分の悩み別に合った方をチョイスしてみてください。

 夏までもう少し。美脚サンダルで理想の脚を手に入れ、自信を持って夏ファッションを楽しみましょう!