又吉直樹最新作『劇場』がオリコン“本”ランキング1位獲得! 初の恋愛小説に相次ぐ高評価

エンタメ

2017/5/21

 2017年5月22日(月)付のオリコン週間“本”ランキングが発表され、「BOOK(総合)部門」で又吉直樹の『劇場』が1位を達成したことが分かった。読者からも「一気に読み終えた」「久しぶりに涙があふれた」と高い評価が相次いでいる。

 小説『火花』で第153回芥川賞を受賞したお笑い芸人・又吉直樹(ピース)の芥川賞受賞後第1作となる同作は、2017年5月11日(木)に発売。2008年4月に同ランキングが集計を開始して以来、芥川賞受賞作家の受賞後第1作(小説作品)による同部門の1位獲得は初めて。総合BOOKランキング部門とともに同日付の「文芸(小説)部門」でも1位を獲得している。

 同書は原稿用紙約230枚だった『火花』を超える300枚の長編で、2017年3月発売の文芸誌『新潮』4月号に単行本の発売に先がけて掲載。又吉にとって初の恋愛小説となる同書は、東京で活動する売れない劇作家・永田と女優を夢見る女子大生・沙希との不器用な恋が描かれたストーリー。その精緻な文章に「苦しくて切ない、又吉さんじゃないと書けない文章」「後半読む手が止まらなくなって一気に読み終えた」といった感想があふれている。

 作家・又吉直樹の到達点は計り知れない。又吉の描く世界を、じっくりと堪能しよう。

※掲載内容は変更になる場合があります。