冷凍庫に入れてからが勝負!? 誰でもお店のような“なめらかジェラート”が作れるレシピ

食・料理

2017/6/9

 専用の機械なしでお店のような“なめらかジェラート”が作れるレシピを紹介した『おうちで作るイタリアンジェラート』が、2017年5月20日(土)に発売された。

 同書では、イタリアでジェラート修行をしてきた著者が、試行錯誤しながら作った至極のレシピを紹介している。素材の甘みをいかしたフルーツジェラートや本格的な味わいのナッツ、チョコレートジェラート、老若男女に喜ばれる和風ジェラートなど、子どもから大人まで楽しめる40レシピを掲載。

・フルーツ
いちごミルクのジェラート、バナナのジェラート、マンゴーヨーグルトのジェラート、メロンのジェラート、巨峰のジェラート etc

    img02.jpg

・スイーツ風味
クリームジェラート、りんごのタルトジェラート、キャラメルジェラート、メープルクッキージェラート etc

    img03.jpg
    img04.jpg

・チョコレート
チョコレートジェラート、ホワイトチョコとさくらんぼのジェラート など
・ナッツ
ピスタチオのジェラート、アーモンドジェラート、ココナッツジェラート など
・チーズ
ティラミス風ジェラート、パインマスカルポーネのジェラート など
・野菜
かぼちゃのジェラート、さつまいもとりんごのジェラート、トマトとバジルのジェラート など
・和風
抹茶のジェラート、よもぎ餅のジェラート、さっぱり小豆のジェラート など
・大人味
カプチーノジェラート、ラムレーズンのジェラート、いちじくのジェラート など

 ジェラートのおいしさは、なんといってもなめらかな口溶けと食感。自宅でお店と同じように作るには、冷凍庫に入れてからが勝負となる。同書では、冷凍庫に入れてからの作業を材料の性質によって3つのグループにわけて紹介。フルプロセスで状態をわかりやすく説明しているので、初心者でも失敗なく作ることができる。これから暑くなる季節に「ジェラート」作りにチャレンジしてみよう。

    img05.jpg

齋藤由里
お菓子作り好き、イタリア好きが高じてジェラートとお菓子を習うためイタリアへ。修行中にマシンがなくともイタリアンジェラートが作れるのではないかと考え、帰国後研究を重ねて、神楽坂の自宅でジェラートとイタリア菓子の教室「giglio(ジリオ)」を開く。イタリアの味を広めるとともに珍しいフレイバーのジェラートにも取り組み、遠くから通う生徒も。グループレッスン、プライベートレッスンのほか、不定期でカフェイベントを開催。

※掲載内容は変更になる場合があります。