文芸・カルチャー

『モテキ』『バクマン』の大根仁が書き下ろした映画原作小説『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』献本プレゼント実施!

    img01

 株式会社ドワンゴが運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、株式会社KADOKAWAが発行する本とコミックの情報サイト「ダ・ヴィンチニュース」がコラボして開催されている「献本プレゼント」企画。

 「読書メーター」のWEBサイト、又は連携するTwitter/Facebookで応募する旨をつぶやくだけで参加でき、各書籍毎に抽選で10人に注目書籍がプレゼントされる。毎週月・木の最大2回にわたって開催されており、受付期間は1週間。毎週様々な本が取り上げられている。

 2017年6月15日(木)からは、「モテキ」「湯けむりスナイパー」「週刊真木よう子」など深夜ドラマを中心に映画、PV、舞台演出、コラム執筆、イベント主催など幅広く活動する大根仁が描いた『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』が登場。同書は、2017年8月18日(金)に公開される映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の映画原作小説。映画の脚本も担当した大根自らが同書を執筆している。

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(著:大根仁、原著:岩井俊二/KADOKAWA)

    img02

 「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか、平べったいのか?」 夏の花火大会の日、港町で暮らす典道は幼なじみと灯台に登って花火を横から見る約束をする。その日の夕方、密かに想いを寄せる同級生のなずなから突然「かけおち」に誘われる。なずなが母親に連れ戻されて「かけおち」は失敗し、2人は離れ離れに。彼女を取り戻すため、典道はもう一度同じ日をやり直すことを願うが―。繰り返す夏休みの1日、ふたりが最後に見る花火のかたちは―?
応募ページへ:https://bookmeter.com/giftbooks/188
レビュー記事へ://ddnavi.com/news/381909/a/

※掲載内容は変更になる場合があります。



この記事の画像

  • dokusyo (1)

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ