「初音ミク×手塚治虫展」開催決定!『リボンの騎士』『ジャングル大帝』など、手塚キャラとのコラボに反響

アニメ・マンガ

2017/6/21

 ボーカロイド・初音ミクと手塚治虫作品がコラボした企画展「初音ミク×手塚治虫展-冨田勲が繋いだ世界-」が、兵庫・手塚治虫記念館で2017年7月1日(土)から開催される。同コラボに「手塚先生とコラボとかスゲエ」「サファイアミク超かわいい! 絶対行く!」と大きな反響の声が上がっている。

 同展は、2017年で生誕10周年を迎える初音ミクと、手塚作品のアニメの音楽を手掛けてきた冨田勲の生誕85周年を記念して開催されるもの。冨田は2012年にオーケストラ曲「イーハトーヴ交響曲」で初音ミクとコラボを行っており、「リボンの騎士」のオープニングテーマを演奏した際には、主人公・サファイアの衣装を纏ったミクが登場し歓声を浴びた。

 企画展のメインビジュアルは「初音ミクV3」「初音ミクV4X」のパッケージイラストを手掛けたiXimaの描き下ろし。サファイアに扮して森の動物たちと戯れるミクには、「サファイアミクさんかわええぇぇ!!」「カワイイやら似合ってるやら凛々しいやらで素敵てんこ盛りだね」「ミクの周りの動物たちまで素敵…」と絶賛の声が続出。メインビジュアルの他にもヒョーゴノスケ、ちゃもーい、ねこいたといった作家のイラストが公開されており、それぞれ『ジャングル大帝』や『ユニコ』『鉄腕アトム』の世界観に合わせたミクが描かれている。

 今回はイラストだけでなく、「イーハトーヴ交響曲」の解説やキャラクターの紹介、等身大フィギュア、「初音ミク年表」なども展示。3DCGのミニシアターでは、「リボンの騎士」を含む2曲がミクの歌唱で楽しめる。さらに企画展の開催期間中、手塚治虫記念館の近隣飲食店ではミクをはじめとしたキャラクターのコラボメニューが登場する予定で、注文した人にはノベルティ缶バッチのプレゼントも。

 「記念館でまさかのミクとコラボとは…」「近未来の象徴みたいなミクちゃんが手塚ワールドに歩み寄ってくれるの嬉しいね」と手塚ファンからも好評の企画展。コラボメニューなどの詳細は後日発表となるので、続報を心待ちにしていよう。

■第71回企画展「初音ミク×手塚治虫展-冨田勲が繋いだ世界-」
会場:手塚治虫記念館
会期:2017年7月1日(土)~10月23日(月)
時間:9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)休館日/毎週水曜日(7月19日・26日、8月中は開館)
入館料:大人700円、中高生300円、小学生100円
公式サイト:http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/