社会

人気撮影地で起こっている、信じられない迷惑撮影…フクロウの目を開かせようと投石!?

「いい写真を撮りたい」という気持ちはプロも初心者も変わらない。しかし、昨今『アサヒカメラ』には撮影愛好家の恥ずべき行為の目撃談が多く寄せられているという。そこで夏休みを前に、2017年7月20日(木)に発売された『アサヒカメラ2017年8月号』では「風景・野鳥撮影のマナーを考える」と題して、富士山、北海道など人気撮影地で起きている環境破壊とトラブルを告発、いま一度自然や周囲への配慮を忘れない撮影のあり方を特集している。

人気撮影地でいま何が起きているのか?

    img02.jpg

撮影場所にスピーカーを持ち込んで演歌を爆音で鳴らす。撮影の邪魔だと言って草木を平気でなぎ倒す。フクロウの目を開かせようと石を投げつける。モモンガの巣穴のある木をバットで叩く。同じ写真を撮らせまいとしてサンコウチョウの営巣中の巣を勝手に撤去する……。これらはすべて本誌に寄せられた、撮影愛好家の恥ずべき行為の目撃談です。「いい写真」を撮りたいのは人間の性。しかし、こうしたマナー違反の一因には「いい写真」の捉え方に問題があることが、今回の取材で浮かび上がってきました。
富士山、北海道など国内の自然撮影の人気スポットで今、何が起きているのか? われわれ撮影愛好家が考えるべきマナーは? こうした悪質な行為を防ぐ手立ては? みなさんと一緒に共有したいと思って作った企画が「風景・野鳥撮影のマナーを考える」です。<風景・野鳥撮影のマナーを考える>吉川明子

第1特集 いま評価される風景写真とは?

    img03.jpg

 もっとも人気の被写体ながら、もっとも難しいとされるのが「自然・風景」。交通手段の発展、インターネットによる情報共有が進んだことで、世界中のあらゆる絶景が撮りやすくなった。その一方、「普通にきれいな写真」というだけでは、SNSやコンテストでは高い評価を得にくくなってきたのも事実。21世紀の自然・風景写真に必要なものは何か? あなたの風景写真はなぜ評価されないのか? いま高く評価されている人気写真家の作品とアドバイスで、その答えに迫る総力特集69ページの大企画。

 そのほか、中面グラビアでは世界文化遺産の登録勧告を受け、いま注目の眼差しが向けられている沖ノ島(福岡県)を激写。島全体がご神体とされ、原則として立ち入り禁止の「女人禁制の島」を写真家・藤原新也が訪れ、知られざる島の姿を浮き彫りに。三好和義が撮るインド・マハラジャ、6月に逝去した田原桂一の遺作と合わせて、中面グラビアを堪能しよう。

※掲載内容は変更になる場合があります。



この記事の画像

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ