ビジネス

危険な企画「文庫X」はなぜ共感をよび、全国650以上の書店に広がっていったのか? 仕掛け人が語った

危険な企画「文庫X」はなぜ共感をよび、全国650以上の書店に広がっていったのか?  仕掛け人が語った

 岩手県盛岡市を中心に10店舗ほど展開する「さわや書店」の書店員が仕掛け、大きな話題となった「文庫X」。それは、 ・値段が税込で810円であること ・ノンフィクションであること ・500ページを超える作品であること  という3つの情報のみ、購入前に私たち読者に与えられるという企画だ。本はただならぬ雰囲気...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ