“肛門キュッ”1日8秒3セットで 骨盤のゆがみをリセット! 【肛門の筋肉を鍛えてやせる・第2回】

健康・美容

2017/8/18

『やせたいなら肛筋を鍛えなさい』(久嬢由起子著/KADOKAWA)

 なりたい体型は自分でつくる、いわゆる“セルフボディメイク”が最近のダイエットの新常識。その中で刊行された『やせたいなら肛筋を鍛えなさい』(久嬢由起子著/KADOKAWA)は、肛門周りの筋肉を鍛えることで理想のボディメイクを叶えるという、目からウロコのメソッドを打ち出したダイエット本だ。1日8秒×3回、肛門をキュッと締めながら、ごく簡単なストレッチをするだけなので、美に関心のある女性はもちろん、シニア世代や男性にも広がりを見せている。

 超がつくほどの短時間、そして超簡単な動作なのに、なぜボディメイクが叶うのか。自身も10kgのダイエットに成功した著者・久嬢由起子氏が考案した「肛筋ストレッチ」でそのメカニズムをひも解いていこう。

“肛筋”はダイエットにつながる要!

 試しに今、肛門にギュッと力を入れてみて欲しい。どうだろう、おしりの筋肉、太もも上部の筋肉、腹筋、背筋までが使われる感覚があるのではないだろうか。

 「その実感からもわかるように、筋肉はひとつひとつが重なり合って、全身につながっています。肛筋を鍛えることで、まずはゆがんでいる骨盤を理想的な位置(わずかな前傾姿勢)に戻すのです。すると骨盤と密接につながっている、おしりの筋肉、太ももの筋肉、おなかの筋肉も連動して、正しく使える位置に戻っていくのです」(久嬢氏)

 さらにいいことに、全身の筋肉の70~80%は、おしりから太ももにかけてついている。大きな筋肉が鍛えられると体の基礎代謝がグンと上がり、やせやすく太りにくい体質に変わっていく。

 また、体内の老廃物の70~80%を占める大便は、肥満や不調の元凶。肛門に柔軟性があれば、開閉がスムーズになり、便をするっと出しやすくなる。快感を覚えるほどの排便感も、鍛えられた肛筋のなせる業なのだ。

“肛筋”の衰えは、あなたの体型に表れている!

 肛筋が衰えると、強力な支えを失った骨盤がゆがんでくることは容易に想像がつくだろう。そのため内臓が下がって、下腹がポッコリと出てくるのが第一段階だ。

 「個々の体型や生活習慣によりますが、日本人に圧倒的に多いのは、骨盤がゆがんで後傾してしまうパターンです」(久嬢氏)。骨盤が後傾すると、物理的に腹筋が使いづらくなる。そのため、下腹部がたるんでくるのだそう。また背骨が丸くなるため、背中やわき腹にも脂肪がつき始める。おしりや太もも裏側の筋肉も使いづらくなり、そこをカバーしようとして必要以上にふくらはぎが使われ、太くなっていくというメカニズムだ。


 「おしりの筋肉を使っていない人は、たいていおしりが冷えています。おしりは脂肪量が多いため、血流不足による冷えの自覚症状が出やすいのです。肛筋が衰えていることでさらに血流不足が慢性化してくると、痔になりやすくなります」(久嬢氏)