特集番外編1 2012年3月号

特集番外編1

更新日:2014/3/20

大ボリューム特集攻撃、第一弾!!
「次にくるマンガランキング」TOP3はあの作品!!

編集K

 

 本誌ではこれまで毎号2つの特集を掲載していましたが、今月からそれを一本化。今後は30ページ超の大ボリューム特集を毎号お届けしていきます! その第一弾が今月の「次にくるマンガランキング」特集です。

 本誌編集部がマンガの山に埋もれながら作った本特集のコンセプトは「コアになりすぎず、いい塩梅で」です。
マンガのランキングといえば「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」が代表的ですが、本誌では「なんかいいマンガないかな~」と探しているような人のブックガイドになりたい、という初心に立ち返って、読みやすくて面白い、そんな絶対外さないマンガを紹介しています。

 特集冒頭では「次にくるマンガランキングTOP20」を発表! ランキング作りにあたっては、売り場のプロ・書店員さんへのアンケートを実施。「次に売れそうな作品をあげてください!」というという問いに対してあがってきた作品たちは、メジャーすぎず、マイナーすぎず、まさに絶妙な塩梅。コアなマンガ好きの枠を超えて、多くの方にオススメできるラインナップでした。
 この書店員さんのアンケート結果に、本誌で立ち上げた「次にくるマンガ選考委員会」による投票を加味して選ばれたTOP20の作品を読むだけで、恋愛、スポーツ、歴史ファンタジー、ギャグなど様々なジャンルを楽しむことができます。
 この中からマンガ読みの枠を超えて愛される、次の『ONE PIECE』や『進撃の巨人』が生まれてきてくれるはず! TOP20に未読の作品があれば、是非ご一読をオススメします!

 ちなみにここで、気になるランキングTOP3のヒントを少しだけ紹介しておきましょう!

1位のヒント 地獄
2位のヒント 農業
3位のヒント 授業中

 これだけでピンと来た人は、ぜひ弊誌編集部の一員として一緒に働きましょう(笑)。

 ほかにも、ランキングからは惜しくは漏れたものの、ジャンル別でこれは注目! という作品をピックアップして紹介するジャンル別おすすめコーナーや、人気マンガ雑誌編集部・総勢26誌の編集者に聞く次にくるマンガコーナー、売れっ子マンガ本装丁家に聞く「この装丁にやられた!」マンガコーナーなど、様々な切り口で面白いマンガを紹介しています。これらの企画はコアなマンガ読みにも十分読み応えのある企画になっています!

 また今回マンガ読み芸能人として、グラビアアイドルの吉木りささん、SKE48の松井玲奈さん、映画『モテキ』などで監督・脚本を務めた映像クリエイターの大根仁さんにインタビューをしています。もう、みなさん本当にマンガ大好きで、インタビュー当日は沢山のマンガ持参で登場! 誌面でそれぞれがオススメしている3冊はあくまでその一部で、インタビューは大盛り上がり。予定時間を大幅にオーバーしてしまいました(マネージャーさん、申し訳ございませんでした……)。みなさん、本当にありがとうございました!

 沢山の方の力をお借りして、ダ・ヴィンチが総力をあげてお贈りする「次にくるマンガランキング」。ぜひご一読を!!