岡田准一、有村架純出演! “関ヶ原の戦い”をスクリーンで観る一生に一度の機会かもしれない!?

映画

2017/9/6

『関ヶ原』(上)
司馬遼太郎(新潮文庫)

 西暦1600年9月15日、関ヶ原で行われた「天下分け目の決戦」を、司馬遼太郎が全3巻の小説に書き上げたのは1966年。それから半世紀、同作が初めて実写映画となった。司馬遼太郎ファンはご安心を。“司馬語り”は映画でも健在です。主人公は原作同様、西軍を実質的に率いた石田三成だ。豊臣秀吉の死の前後から、のちに東軍の総大将となる徳川家康と敵対していく経緯を描き、ラストでは「合戦」を真正面から描き切る。関ヶ原の戦いとは結局、政治劇であったこと─多数決の悲劇であったことが、軍勢の視覚化によってすとんと腑に落ちた。

 本作の映画化は、脚本も務めた原田眞人監督の悲願だったと聞く。役者やスタッフもよく、それに応えた。石田三成を演じた岡田准一は、関ヶ原の戦いは規模といい題材といい「聖域」であり、それを演じられるのは「一生で一度かもしれない」という気持ちで撮影に臨んでいたという(『小説現代』9月号より)。観客にとっても、関ヶ原の戦いを劇場の大スクリーンで観る一生に一度の機会かもしれない。見逃すべからず。

文=吉田大助

『関ヶ原』
原作/司馬遼太郎(新潮文庫) 監督/原田眞人 出演/岡田准一、有村架純、平 岳大、東出昌大、役所広司ほか 配給/東宝、アスミック・エース 全国公開中