いつもの冷蔵庫の食材が贅沢レシピに大変身! テレビで話題の「伝説の家政婦」が明かす、プロの味を家庭で再現するコツ

食・料理

2017/9/10

「伝説の家政婦」がプロの味を家庭で再現するコツを紹介した『志麻さんのプレミアムな作りおき』が、2017年9月7日(木)に発売された。

 にんじんがキャロット・ラペに、じゃがいもがピュレに、鶏肉をタンドリーチキンに、トマト缶はラタトゥイユに―いつもの冷蔵庫の食材が贅沢レシピに大変身。もう献立に悩む必要はなくなるかも。

 同書は「沸騰ワード10」で話題沸騰“伝説の家政婦”志麻さんが、少ない材料を使って多彩な料理を披露していくレシピ本。ホワイトソースの失敗しない作り方やおいしいポタージュの理由、あめ色玉ねぎの作り方など、役に立つ料理のテクニックが詰まっている。

 献立は和洋中からフランス家庭料理までの作りおきがメインだが、献立作りのアイデアやおいしく作るコツをできるだけコンパクトに収録している。巻末ではにんじん・玉ねぎ・じゃがいも・トマト缶・卵などの素材別レシピも紹介。家庭の冷蔵庫にあるもので作れるレシピばかりなので、誰でも簡単に再現できるのが魅力的。

 志麻さんは「たとえ限られた時間と食材であっても、一品一品、丁寧に作ること」を大切にしていると語る。家庭料理ならではの温かみも感じさせてくれるレシピ本を、あなたも参考にしてみては?

志麻
大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三つ星レストランでの研修を修了。その後、日本の有名フランス料理店で15年働く。家事代行マッチングサービス「タスカジ」に登録し、1年足らずで定期契約顧客数がナンバーワンとなる。予約表に登録すると30分以内に予約で埋まり、「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれるようになる。各家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で、フランス料理、和洋中など世界各国料理の腕をふるう。各家庭の家族構成や好みにきめこまやかに応じた料理が人気でリピーターが絶えない。フランス人の夫と生まれたばかりの子どもと3人で暮らす。

※掲載内容は変更になる場合があります。