「今の自分を変えたい」「もっと自分を磨きたい」…一流の人が持つ“大きな視点”を手に入れる方法

ビジネス

2017/9/26

 38万人を導いたカリスマ著者・永松茂久による『一流の人に学ぶ心の磨き方』が、2017年9月11日(月)に発売された。

「今の自分を変えたい」「もっと自分を磨きたい」…。人生を豊かにするための一番の方法は一流のメンタリティーを身につけること、つまり心を磨くこと。一流の人の考え方を知り、そこから得た“成功をもたらす原則”を人生に取り入れることで人生が豊かになっていく。

 同書は、著者がこれまで接してきた「一流の人」から学んだ、その本質的な答えを大公開。「一流」と聞くとハードルが高いように感じるかもしれないが、実は一流への道は誰にでも等しく開かれている。一流の人とは一握りの特別な人のことではなく、自分の心を磨き続けて自分を信じることができた“普通の人”のことをいう。

一流の人が持つ“大きな視点”を手に入れよう!
同書では、悩みが消えて迷いが無くなる70の心得を「信条」「姿勢」「成長」「学び」「自身」「人望」ほか11の原則に分けて紹介。著書の累計が90万部を超える永松が「心の磨き方」を説いていく。

img02

・一流の人は、物事を大きく考えます。
・一流の人は本質を知り、実行します。
・一流の人は、自分の人生に関心を持ち、それをよりよいものにするために役立つ原則を選び取る知能を持っています。

 一流の視点を獲得するために、特別な才能は必要なし。必要なのは、一流の原則を理解して「心を磨く」ことだけ。一流の考え方を学んで、自分の道を切り開こう。

永松茂久(ながまつ・しげひさ)
株式会社人財育成JAPAN代表取締役。永松塾主宰。作家。大分県中津市生まれ。「一流の人材を集めるのではなく、今いる人間を一流にする」というコンセプトを掲げ日本全国で多数の講演会、セミナーを実施。ユニークな人材育成に定評があり、これまでの参加者はのべ38万人に上る。「人の在り方」を教えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ている。大分、福岡で5店舗の飲食店を経営するかたわら、2017年より東京に拠点を構え、日本一の商人である師匠の教えと自身の経験をもとに、独自の指導法「永松式未来実現コーチング」を体系化する。この手法をもとに、セミナー講師、講演家、コーチ、出版を目指す人のための人財育成スクールである「永松塾」を開講。このほか、各種イベント主宰、映像制作、経営コンサルティングなど、数々の事業をこなす実業家である。一方、2012年より、鹿児島県南九州市にある「知覧富屋食堂ホタル館」の特任館長を務め、自身が提唱する「For You精神」を培う研修である「知覧For You研修さくらまつり」を行っている。著書に『言葉は現実化する』、『人生に迷ったら知覧に行け』、『感動の条件』、『出会いとつながりの法則』など多数。累計部数は90万部に上る。

※掲載内容は変更になる場合があります。