「おじゃるがドラマになる日が来るなんて…」 アニメ「おじゃる丸」実写ドラマ化に驚きの声続出

アニメ・マンガ

2017/9/26

 NHKのアニメ「おじゃる丸」が実写ドラマ化されることが発表され、「おじゃる丸実写化!? 何それ面白そう」「ちょっとまだ信じられないけどすごく興味ある」「おじゃるがドラマになる日が来るなんて…」と驚きの声が相次いでいる。

 犬丸りんの原案による同アニメは、月光町に住む小学生・カズマのもとに平安時代からおじゃる丸という男の子がタイムスリップしてくる物語。2017年11月3日(金・祝)放送の「おじゃる丸スペシャル アニメじゃないでおじゃる?」は、アニメ放送20周年を記念して制作される10分間の実写ドラマとなっている。

 公開されたビジュアルでは、東京の街を見下ろす赤い着物を着た青年の姿が。青年は2016年に放送された「おじゃる17(セブンティーン)」に登場した美男子を思わせる出で立ちで、人気モデルのゆうたろうが演じていることが明かされた。

「おじゃる17(セブンティーン)」は、月光町に見慣れぬ美男子が現れ、幼い頃暮らしたというこの町で“あるもの”を探しはじめるというエピソード。美男子はまるでおじゃるが成長した姿にも見え、「このイケメンが1話限りなのもったいない」「いつものギャグかと思ったらめちゃくちゃ切ない素敵なお話だった」「何度でも見たくなる神回」と大好評。美男子は「おじゃる17vs5 ミヤビな決とう」にも登場し、こちらも大反響となった。

 ゆうたろうに対しては、「この人が演じたら美しすぎてすべてを許しそう」「あの中性的な子がおじゃる的な衣装着るのか! ひょえー楽しみ!」と期待の声も。現代のファッション界に生きる青年が、平安時代の雅な雰囲気をどう演じるかにも注目が集まっている。

「おじゃる丸」20周年企画はドラマだけでなく、放送25周年を迎えるNHKの人気アニメ「忍たま乱太郎」と合同で「忍たま25・おじゃる20 スペシャルウィーク」も展開。ドラマだけでなくアニメの方もチェックしてみては?

■「おじゃる丸スペシャル アニメじゃないでおじゃる?」
放送:2017年11月3日(金・祝)
原案:犬丸りん
脚本:加藤環一
出演:ゆうたろう、あばれる君、五味優人、田牧そら、村山光次郎 ほか
公式サイト:http://www.nhk.or.jp/anime/ojaru/