漫☆画太郎の新連載『星の王子さま』に大反響「『星の王子さま』を選ぶところから天才すぎる」

アニメ・マンガ

2017/9/30

img01
(C)漫☆画太郎/集英社

 2017年9月25日(月)からマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」で、漫☆画太郎の新連載『星の王子さま』がスタート。12年ぶりの週刊連載となる同作には、「相変わらずぶっとんでる」「話は大体合ってるのに紛れもない画太郎テイスト」「どこから見ても漫☆画太郎過ぎて複雑な気分だ…!」と、喜びとも困惑ともつかない声が相次いでいる。

 2017年9月16日(土)に発売された『週刊少年ジャンプ』42号では、新連載『CHIN PIECE-チンピース-』が3ページという驚異の速さで打ち切りになった画太郎。漫画の最後のページでは打ち切りに対するお詫びと、「少年ジャンプ+」での新連載が決定したことが発表され、読者から注目を集めていた。

 満を持してスタートした『星の王子さま』は「少年ジャンプ+」創刊3周年を記念した作品で、第1話では砂漠に不時着したパイロットが「ヒツジの絵を描いて」と迫る謎の少年に出会うところからスタートしている。画太郎独特のタッチで描かれる見覚えのあるストーリーは、「『星の王子さま』を選ぶところから天才すぎる」「最高としか言いようがない理不尽さ!」と絶賛の声が続出。ファンの期待を裏切らないぶっ飛んだ展開を見せた。

 よく見ると原作が“サン=テグジュペリ”ではなく“サン☆テグジュペリ”となっており、これに気づいた読者からは、「原作サン☆テグジュペリの破壊力がヤバい」「この先が楽しみすぎるな」と、今後に対する期待の声も上がっているようす。

 連載開始に合わせて、画太郎の描く“ばばあ”が「少年ジャンプ+」を24時間限定でジャックする企画も実施。9月25日(月)配信作品のアイコンがすべて“ばばあ”に占拠され、「ジャンプ+大惨事じゃねーか!」「どこ見てもばばあしかいねぇ」「今日のジャンプラカオスすぎるだろ!」とジャンプファンを騒然とさせた。

img02

 『星の王子さま』は毎週月曜日に更新。画太郎は一体何を描こうとしているのか、目が離せない連載となりそうだ。

◆「少年ジャンプ+」公式サイト:https://shonenjumpplus.com/