週マガに移籍した『寄宿学校のジュリエット』に読者悶絶「ペルシアが天使すぎ」

アニメ・マンガ

2017/10/1

img01
『週刊少年マガジン』43号(講談社)

 2017年9月27日(水)に発売された『週刊少年マガジン』43号から、『別冊少年マガジン』にて連載されていた漫画『寄宿学校のジュリエット』が移籍という形で連載スタート。『週マガ』読者からは「ペルシア可愛すぎるし、しょっぱなから面白すぎる!」と大反響を呼んでいる。

 同作の舞台は、敵対する2つの国の生徒が通う寄宿学校・ダリア学園。ダリア学園には寮があり、一方の寮のリーダーであるジュリエット・ペルシアと、もう一方の寮を仕切る犬塚露壬雄は秘密で交際している。それぞれの寮に暮らす生徒たちは仲が悪く、喧嘩することは日常茶飯事。2人は人前では喧嘩をしつつ、2人きりになると甘い時間を過ごすということを繰り返していた。

 今回の『週マガ』移籍一発目で描かれたのは、2人が人目を忍んで花見デートへ行くという内容。しかし何の障害もなく2人でデートできるわけもない。当日はタイミング悪く、それぞれの寮生たちがピクニックやティーパーティーのために同じスポットに訪れていたのだった…。

 この内容には読者も「隠れながらデートするスリルがたまらん!」「寮生に見つかりそうになって噴水に恋人を投げ込むとか爆笑ww」「デートからケンカ、ケンカからラブラブの流れが見事としか言いようがない」と大満足のようす。

 また同作の魅力の1つはペルシアの時折見せる乙女な姿。今回も、犬塚の元へ手作り弁当のかごを持って小走りで駆け寄ったり、犬塚の腕を取って頬を赤らめるなど可憐な仕草が炸裂している。これには「ペルシアが天使すぎてキュン死!」「なんだこの反則級の可愛い生き物は」「戦いのときと乙女モードのギャップで心持ってかれる」と絶賛の声が上がっていた。

 作者の金田陽介は巻末で「初の週刊連載で緊張していますが頑張ります! どうぞよろしくお願いします~!」とコメントを寄せているが、その意気込み通り『週マガ』読者をしっかり魅了したもよう。週刊連載となり、これからどんな展開を見せてくれるのか期待は高まるばかりだ。