「サンデー」46号で『マギ』完結に悲しみの声続出「これから何を楽しみに生きれば…」

マンガ

公開日:2017/10/8

 ファンタジー漫画『マギ』が、2017年10月11日(水)発売の『週刊少年サンデー』46号で完結することが明かされた。ファンからは「マギ完結って嘘でしょ!?」「ジュダルちゃんにもう会えなくなるのかと思うと辛すぎる」「信じられない… これから何を楽しみに生きれば…」と驚きと悲しみの声が相次いでいる。

 同作は、“マギ”と呼ばれる魔法使いの少年・アラジンと、王としての素質を見込まれたアリババの物語。2人は元奴隷の少女・モルジアナやマギの一人・ジュダルといった仲間と共に様々な冒険を繰り広げていく。

 連載は2009年からスタートし、2012年、2013年にはテレビアニメも放送。WEB漫画サイト「裏サンデー」ではシンドバッドを主人公とした外伝『マギ シンドバッドの冒険』も連載中で、こちらも2016年にアニメが放送された。8年にわたって繰り広げられたアラジンたちの冒険は、「キャラクターに人間味があって胸に刺さるストーリーがたまらない」「アリババ君が可愛すぎるしアニメのキャストも最高だった」「ダビデ出てきたあたりからどんどん面白くなって今では人生に欠かせない漫画」とファンを魅了し続けていたため、完結の知らせを受けてショックを受けた人も多かったようだ。

 最終回が掲載される『サンデー』では同作が表紙と巻頭カラーに登場。「コミックス派だけど最後の表紙は手に入れたい」「こんなに悲しい表紙は初めて… 2、3冊は買わなきゃ…」と、完結を惜しみつつも期待を寄せる声が多く上がっている。コミックスの最新36巻は10月18日(水)に発売。アラジンとアリババの冒険を、最後まで見届けよう。