相手によって態度を変える人、手柄を横取りして悪びれない人…身近にいる「ずるい人」たちへの対処法

ライフスタイル

2017/10/15

 身近な「ずるい人」に対するストレスの対処法をまとめた、『「ずるい人」が周りからいなくなる本』が2017年9月30日(土)に発売された。

 私たちの周りには「ずるい人」たちが存在する。それは不真面目でルールやマナーを守らない人や、世渡り上手でずる賢い人、自分勝手で非常識な人、なぜだか運のいい恵まれている人などさまざま。そんな人に会うと不快になったり、嫉妬してしまったりと嫌な気分になる人も少なくないはず。そんな「ずるい人」がいなくなれば美味しい人生が待っているのではないだろうか?

 同書は、あなたの心を支配してくるモヤモヤや怒り、憤りたちをカウンセリング歴24年、臨床数のべ7万件超の大人気カウンセラーが解決してくれる1冊。仕事や学校をサボる人、割り込み乗車する人、相手によって態度を変える人、手柄を横取りして悪びれない人、泣けばなんでも許されると思っている人…。そんな「ずるい人」が私たちの周りにあふれ、いろんなパターンで刺激してくる。

 そこで「なんであの人はあんなことをするんだ!」と考えだすと、私たちの頭の中から「ずるい人」が離れなくなってしまう。すると、不快な気分から抜け出せずに楽しいことができなくってしまう。しかも「ずるい人」で頭がいっぱいになってくると、次々に「ずるい人」が現れて私たちを不快な気分にさせる。

 ここで著者は、「ずるい人が私の周りからいなくなればどうなるだろう?」と逆転の発想を促す。「ずるい人」に「運」も「得」も奪われ続けてきたのなら、その人たちが自分の周りからいなくなれば、自分自身のために「運」も「得」も使えるようになるという可能性が出てくる。そして、「ずるい人」に反応しなくなり、近づかなくなることで、それまで「ずるい人」に奪われていた自分の力が自由に使えるようになって、どんどん美味しい人生が目の前に展開すると著者は言う。

 同書を読めば、あなたを苦しめている「ずるい人」がいなくなり、新しい生活が幕を開けるはずだ。

大嶋信頼
心理カウンセラー。株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役。米国・私立アズベリー大学心理学部心理学科卒業。ブリーフ・セラピーのFAP療法(Free from Anxiety Program)を開発し、トラウマのみならず多くの症例を治療している。アルコール依存症専門病院、周愛利田クリニックに勤務する傍ら、東京都精神医学総合研究所の研究生として、また嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室非常勤職員として依存症に関する対応を学ぶ。原宿相談室室長を経て、株式会社アイエフエフ代表取締役として勤務。心的外傷治療に新たな可能性を感じ、インサイト・カウンセリングを立ち上げる。「自由に生きられるようになるということは、生活の中で的確に自己主張ができるようになり、より幸せな人生を選択できるようになること」と考え、多くの人が自由に生きられることを目指し、治療を行っている。カウンセリング歴24年、臨床数のべ7万7,000件。

※掲載内容は変更になる場合があります。