コナンも視聴者もドン引き!? アニメ「名探偵コナン」877話の犯人が「クズ過ぎる」と話題に

アニメ・マンガ

2017/10/20

 アニメ「名探偵コナン」第877話「交差する運命の二人」が2017年10月14日(土)に放送された。このストーリーのオチに「とんでもないクズエンドだったwww」「これには視聴者もドン引き」と大きな反響が起こっていた。

 鳥丸真也が山の中腹にある大きな家で引き出しを漁っているシーンから話はスタート。傍らで気絶していた家主の老女・甲田由が目を覚まして悲鳴を上げると、鳥丸は由の後頭部を殴り、気絶させて逃走する。逃げる道中で鳥丸は前方にいた元太を突き飛ばし、怒った元太は鳥丸を追いかけるのだが、鳥丸は角を曲がった所で権野太郎に激突して、一緒に崖に転げ落ちてしまう。すると元太は落ちた2人に気付かずにどこかへ駆け抜けていった。

 元太はコナン、光彦、歩美、灰原に自分を突き飛ばした犯人探しを協力してもらうことに。するとコナンたちは犯人探しの途中に、由の家に入った強盗を捜索している高木刑事たちと出会い、自分たちの追っている犯人と強盗が同一犯だと悟る。

 一方鳥丸は、気絶している権野の服と自分の服を交換して、権野に罪をなすり付けようとしていた。気絶から目覚めた権野は記憶喪失になっており、服装の特徴によって警察に追われると、動揺しながらとりあえず逃げてしまう。

 だが一連の流れに違和感を覚えたコナンは、鳥丸が権野に罪をかぶせようとしていたことに気づき、問い詰められた鳥丸はあっさりとすり替わりを認める。

 しかし今回の話はこれだけで終わりではなかった。実は鳥丸が由の家に入った時には、すでに何者かによって家が荒らされた後で、由も気絶させられていたという。そしてこの犯人こそ権野だったのだ。権野は借金をしている金融業者に焚きつけられて強盗をしたとコナンたちは推測して同情していたが、記憶を取り戻した権野の話では、強盗の話を持ちかけられると「泥棒ってワクワクする!」「やっと見つけた新しい生き甲斐」とやる気に満ち溢れながら強盗をしていたとのこと。

 これにはコナンたちがドン引きし、鳥丸も「ハッハハ、こいつ俺よりもしょうもねえ」と大笑い。ネット上でも「同情&同情からの超クズエンドは笑ったwww」「犯人サイコパス過ぎた」「これはある意味神回www」「オチが斜め上すぎて爆笑」といった反響が続出。

 この話は、犯人に同情すべき点が一切ないという、ある意味とてもスッキリしていた回だったかもしれない。

■アニメ「名探偵コナン」
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/