6代目水影VS新・忍刀七人衆! アニメ「BORUTO」29話、長十郎の苦戦にファン動揺

アニメ・マンガ

2017/10/24

 2017年10月18日(水)にアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」第29話が放送された。この回では新しい“霧隠れの忍刀七人衆”と6代目水影・長十郎が激突したのだが、バトルの展開に動揺の声が広がっている。

 修学旅行で“水の国”にある“霧隠れの里”を訪れているボルトたち。前回までの話で、里の案内人としてボルトと同行しているかぐらが、実は4代目水影・やぐらの孫であることが判明。ボルトと出会って前向きになったかぐらは、長十郎の推薦を受けて霧隠れに代々伝わる七本の妖刀の1つである“双刀・ヒラメカレイ”を受け継ぐことに。しかしかぐらの前に現れた干柿屍澄真(ほしがきシズマ)は、言葉巧みにかぐらを仲間に引き入れた。

 第29話「新・忍刀七人衆!!」では、屍澄真とその仲間たちが妖刀を盗み出し、新たな忍刀七人衆となる。屍澄真たちの反乱に気付いた長十郎は、かぐらもろとも屍澄真たちを処断するため動き出そうとしたのだが、そこへボルトがやってきた。

 ボルトがこれは反乱ではなくただの子どもの喧嘩だと論点を変えると、長十郎はボルトの話にのり、水影としてではなくただの修学旅行の引率として、この喧嘩に介入すると言い出した。こうしてボルト、長十郎、サラダの3人で新・忍刀七人衆と対峙することに。

 新・忍刀七人衆とのバトルでは、先制攻撃を受けたボルトたち3人がバラバラになり、それぞれ違う場所で戦闘を開始。しかし長十郎は早々に長刀“縫い針”の使い手によって動きを封じられてしまう。さらに断刀“首切り包丁”の使い手と、鈍刀“兜割”の使い手が襲いかかり1対3に。相手の攻撃を避けるために体を動かすと、“縫い針”によって体が引き裂かれる状態となり、長十郎は劣勢に陥る。

 この展開には「長十郎嘘だよね? ちゃんと本気で戦ってくれよ!」「長十郎さん普通にピンチじゃないか……」「新・忍刀七人衆とか長十郎さまのワンパンでいけると舐めてました」「長十郎はきっとわざと捕まってるだけだ!」と動揺する声が続出。

 次回はサラダと雷刀“牙”の使い手が激突。果たしてこの戦いはどう展開していくのか。今後も目が離せない!

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週水曜 17:55~
放送局:テレビ東京系
※リピート放送 テレビ東京系 毎週土曜 7:00~/BSジャパン 毎週火曜 深夜0時58分~
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/