グロさとドラマチックの融合!『異世界拷問姫』最新5巻&コミカライズ同時発売!

マンガ・アニメ

2017/10/25

 異世界に召喚された主人公が悪魔とその契約者たちの討伐に奮闘する大人気ライトノベル『異世界拷問姫』。同作の最新5巻が2017年10月25日(水)に電子書籍化された。

 同作は人気ライトノベル作家・綾里けいしとイラストレーター・鵜飼沙樹がタッグを組んだ作品。物語は主人公の瀬名櫂人が死んだ後、異世界に転生するところから始まる。転生した櫂人がまず出会ったのは、絶世の美少女であるエリザベート・レ・ファニュ。彼女は自分のことを「拷問姫」と名乗り、従者として自分に使えるように櫂人に命じる。しかし「断る」と即答した櫂人に、エリザベートは「拷問」か「執事」かの2択を突きつけ、櫂人はやむなくエリザベートの身の回りの世話をすることに。さらに、世話だけでなく櫂人はエリザベートの使命である“14階級の悪魔とその契約者の討伐”につき合わされる――。

 昨年4月に第1巻が発売されると、拷問や殺戮バトルが次々と展開する異世界ダークファンタジーに引き込まれる読者が続出。「グロさがたまらない」「敵を倒すシーンは爽快感があって凄くスカッとする!」「何が起きてもおかしくないハラハラ感に興奮した」と絶賛の声が相次いだ。

 そんな同作の見どころはなんといってもドラマチックなストーリー展開。2巻では敵の手によってエリザベートの悪魔の力が封じられてしまうという物語が描かれたのが、ここで活躍したのが櫂人を愛する機械人形のメイド“ヒナ”だった。櫂人達の危機につけ込み、ここぞとばかりに攻めてくる悪魔たちに対し、ヒナがひたむきに立ち向かっていく。その姿に「愛する人のために1人で戦場に立つヒナの姿が美しい」「こういう愛の形もあるのかとハッとさせられた!」「ラノベを読んで涙を流したのは初めて。ヒナの優しさと愛情に胸が震える」と感動した読者も少なくなかったようす。

 その後の物語では、エリザベートが強敵との対決を経て、“14階級の悪魔とその契約者”全てを討伐することに成功。物語は一段落したかに見えたが、ここで更なる展開がスタート。櫂人は戦いの中で悪魔の最上位「皇帝」の契約者となり、全人類の敵とみなされることに。一方、エリザベートはこれまで一緒に戦ってきた櫂人を討伐しようと動き始める。この急展開には「一気に話が加速したな!」「物語が壮大になった。新章の幕開けって感じ」と興奮の声が。

 待望の5巻では、新たな「拷問姫」として登場したジャンヌ・ド・レの“救世”に櫂人が協力する様子が描かれる。果たして櫂人は、ヒナは、エリザベートは、いかなる道を歩んでいくのか、ますます目が離せない。

 さらに、2017年10月25日(水)には、コミカライズ第1巻も電子書籍が配信。ファンからは「あの壮絶な物語が漫画で読めるとか楽しみしかない!」「あのグロ描写がどう描かれるの!? 待てません」と期待の声が相次いでいる。

 次々と展開する新たなドラマで読者の心を揺さぶる『異世界拷問姫』。重要人物ジャンヌ・ド・レ――そして肉屋が物語を大きく動かしそうな第5巻に、圧倒されてみてはいかがだろうか。