「ジャンプ」47号で『鬼滅の刃』人気投票結果発表! 予想外のキャラもランクインし話題に

アニメ・マンガ

2017/10/27

img01
『週刊少年ジャンプ』47号(集英社)

『鬼滅の刃』の第1回キャラクター人気投票の結果が、2017年10月23日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』47号で発表された。結果はもちろん、読者の予想を超える応募総数に「投票数凄すぎない!?」「人気が数字に表れてて嬉しい!」と歓喜の声が上がっている。

 大正時代の日本を舞台とした同作は、家族を鬼に殺された少年・炭治郎と、凶暴な鬼に変異してしまった炭治郎の妹・禰豆子の物語。和風バトルファンタジーでありながらギャグセンスが高いことでも人気で、2016年の連載開始から瞬く間に人気作品へと駆け上がっていった。

 人気投票は応募総数26105票にも上り、1位のキャラクターは6742票、2位のキャラクターも4299票とかなりの票数を獲得している。センターカラーでは第5位までのキャラクターが発表され、結果を見たファンからは「推しキャラがランクインしててよかった~!!」「1位2位は予想通りだったけどやっぱりうれしいな! おめでとう!」とファンから喜びと祝福の声が続出した。

 結果発表は第68位まで公開されており、「結核の青年」や「珠世の使いの猫」といった名前のないキャラクターもランクイン。作者の吾峠呼世晴や「担当編集高野」などの名前も上げられ、中には『約束のネバーランド』のシスター・クローネや『ワールドトリガー』の二宮匡貴、『左門くんはサモナー』の左門召介など作品を超えたキャラクターまで登場。これには「なぜか票が入ってる二宮匡貴で思いっきり吹いた」「鬼滅の刃の人気投票に左門くんもニノさんもランクインしてて何気に嬉しいwww」と読者の笑いを誘った。

『鬼滅の刃』本編ではますます目が離せない展開となっているので、今からでもチェックしてみては?