桂正和『I”s』実写ドラマ化決定に大反響!「可愛さとエロさをちゃんと再現してくれ!」

エンタメ

2017/11/11

 桂正和の恋愛漫画『I”s』が実写ドラマ化されることが明かされた。17年前に完結した作品がドラマになって帰ってくるとあって、ファンからは「ドはまりした世代だから楽しみすぎる!!」「わああぁぁ伊織ちゃん! 私の青春!」「あのシーンやこのシーンがどう再現されるのかめっちゃ興味ある」と歓喜の声が上がっている。

 同作は、高校2年生の主人公・瀬戸一貴が、新入生歓迎パーティーの実行委員になったことをきっかけにクラスメイト・葦月伊織と打ち解けていく物語。一貴はかねてより想いを寄せていた伊織と少しずつ距離を縮めていくが、彼の前には幼馴染の秋葉いつき、後輩の磯崎泉、年上の麻生藍子といった女の子が次々登場。読者からは「長い話だけど女の子が魅力的で飽きずに読める」「絵がきれいだしとにかく可愛い!」「思春期の男子の妄想も丁寧に描かれてる(笑)」と大好評の作品だ。

 ドラマで主人公を演じるのは、映画「ライチ☆光クラブ」や連続テレビ小説「ひよっこ」に出演してきた岡山天音。岡山はオファーを受けた際に丁度原作を読んでいる最中だったそうで、「驚きと大きな縁を感じました」「原作の持つ美しいメッセージを三次元の世界の中で僕なりに体現していきたいと思っています」と意気込みを語っている。

 作者の桂は、女子キャラクターのデザインや描写が魅力的だと数多くの男性ファンの心を掴んでいる。『I”s』ドラマ化にあたって最も注目を集めているのは、そんな桂が描き出す女の子たちを誰が演じるのかという点。ファンの間ではすでに様々な予想や願望が飛び交っており、「伊織ちゃん次第では神ドラマになるぞ」「一貴役がいい感じだから女の子も期待してる」「どんな女の子でもいいから可愛さとエロさをちゃんと再現してくれ!」と期待の声が続出しているようだ。

 桂自身は「いろいろ関わらせて頂いたので、完成する日が楽しみです!!」とコメント。いったい誰がキャスティングされるのか、続報を心待ちにしていよう。