のし紙&ぽち袋や正月飾りも作れる! あらゆるシーンを彩る“ペーパークイリング”の魅力

ライフスタイル

2017/12/16

 子どもからシニアまで、幅広く楽しめる「ペーパークイリング」の魅力を詰め込んだ『ペーパークイリングスタイルブック』が2017年11月13日(月)に発売された。

 著者・菊地七夢が紹介するペーパークイリングとは、細長い紙をくるくると巻いたコイル状のパーツを組み合わせて、花などのモチーフを作るペーパークラフト。同書には、プレゼントやインテリアとして日常生活に彩りを添える作品が収録されている。

img02
「誕生日のサプライズBOX」。ふたをとると側面が開き、花がいっぱいのバースデーケーキが飛び出す。

img03
正月飾り&髪飾り、年賀用のし紙&ぽち袋

 特別な日や季節の「イベント」、家に飾れる「インテリア」、大切な人へのプレゼントに最適な「贈り物」の3つのスタイルで素敵な作品をたっぷりと紹介。基本の巻き方はすべて写真解説つきで難しい手順は一切なし。基礎レッスンもついているため、初心者でも素敵な作品を作ることができる。

img04
大切な人へのプレゼントに一輪の花やメッセージを添えられる。

img05
しずく形オーナメントのモビール&ホワイトリーフのリース

 紙で作ったとは思えないぺーパークイリングを贈れば、驚かれること間違いなし。フォトジェニックなぺーパークイリングで“いいね!”をたくさんもらおう。

菊地七夢
NK craft主宰。神奈川県出身。美術大学にてデザインを学ぶ。友人の結婚式用に依頼を受けたウエルカムボードの制作をきっかけにペーパークイリングと出会い、NK craftを立ち上げる。生け花やフラワーアレンジの経験を活かし「より大きく、より立体的に!」という新たな価値観のペーパークイリングを探求している。アトリエでのレッスン、ヴォーグ学園、百貨店、クラフトショップなどで講習活動をする他、クラフトデザイナーとして作品の販売、企業との商品開発や店舗デコレーションなど、ペーパークイリングの普及に尽力。多岐にわたる創作活動を展開している。

※掲載内容は変更になる場合があります。