毎話、衝撃の大どんでん返しが!?  乾くるみの小説『リピート』連続ドラマ化に大反響

エンタメ

2017/12/17

 長編ミステリー小説『リピート』が連続ドラマ化され、2018年1月11日(木)から放送を開始することが分かった。この発表にファンからは「どうやって映像化するのか楽しみ!」「大好きな小説だから嬉しすぎるわ」と大きな反響が巻き起こっている。

 同ドラマは、「過去の後悔」を理由にリピート=時間旅行をする8人の男女を描く物語。過去に戻った8人に予想を超える出来事が次々と襲いかかり、その謎に迫っていく。ドラマでは「人生のやり直し」と極限状態の中でのラブストーリーを描きつつ、毎話“衝撃の大どんでん返し”が用意されているという。

 キャストの一部も公開されており、子どものころから人と関わることが苦手で本の世界に安らぎを求める女性・篠崎鮎美役に貫地谷しほり。ぶっきらぼうだが根はまじめな青年・毛利圭介には本郷奏多が扮し、鮎美と圭介はリピートを通して惹かれ合っていくことに。また、息子のことで深く後悔していることを解決するためリピートを決意し、鮎美と圭介を引っ張っていくカフェオーナー・天童太郎をガレッジセールのゴリが演じる。

 貫地谷は同作について、「私自身の役としてはとても普通の人の役で、どちらかというと地味目な印象です。その女の子がリピートを通して、どう人生を切り拓いていくのか楽しみです」とコメント。本郷も「素敵なキャストが揃っているので、皆さんと仲良く撮影できたらと思います。是非楽しみにしていてください」とファンに向けてアピールしている。

 話題作の連続ドラマ化とあって、ファンは興奮を隠しきれないようす。「乾くるみ原作っていうだけで絶対一筋縄じゃいかないストーリー。毎回続きが気になりそう」「ミステリー系大好きだから既にワクワクしてます」「毎回どんでん返しがあるなんて病みつきになりそうだな(笑)」「タイムスリップ×恋愛×ミステリーっていうパワーワード連発で楽しみしか見つからない!」「キャスティングが私得すぎて圧倒的感謝!!」といった声が溢れ返った。

 タイムスリップしたキャラクターたちが、それぞれどのような結末を迎えるのか。今から放送開始を楽しみに待とう。

■木曜ドラマF「リピート~運命を変える10か月~」
放送:2018年1月11日(木)23:59~ 日本テレビ ほか
原作:乾くるみ『リピート』
脚本:泉澤陽子
監督:蔵方政俊、湯浅弘章、片桐健滋
出演:貫地谷しほり、本郷奏多、ゴリ(ガレッジセール)
制作プロダクション:ザフール
制作協力:吉本興業
制作著作:読売テレビ
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/repeat/