家で寝るだけの週末にはもうサヨナラ! 1泊2日でサクッと楽しめるはあちゅうの“サク旅”とは?

エンタメ

2017/12/29

 大人気ブロガー・はあちゅう初の旅ガイドブック『1泊2日で憧れを叶える! サク旅 ~国内編~』が、2018年1月22日(月)に発売される。

 「平日の仕事も、週末の休日も充実させたい!」「週末どこかに出かけたいけど、毎日仕事で忙しくてなかなか行動に移せずにいる…」。同書は、頑張りながらも自分時間を充実させたい女性たちへ、たった1泊2日でサクッと楽しめる満足度100%の新しい旅スタイル“サク旅”を紹介している。

img02

 “サク旅”をプロデュースするのは、同書の著者であり、カリスマブロガー・作家の“はあちゅう”。旅&グルメが大好きで学生時代に世界一周を実現し、現在もなりたい自分をつねに追い求め現在進行形で夢を叶え続けている。そんな“はあちゅう”による旅ガイドブックは刺激がいっぱいだ。

 「世界一のクラゲを見に行く旅(山形)」、「“温泉に入る猿”を見に行く旅(長野)」などちょっと驚くようなテーマから、「都会の女になりきる旅(東京)」といった身近だけど新しい視点を与えてくれる旅など、はあちゅうのセンスが光るテーマに沿って旅のプランを提案していく。

img03

<サク旅のルール>
1:次の日の夜には家にいること
1泊2日でどこかにサクッと行って、次の日の夜にはしれっと家にいる。翌日には引きずらない気軽さが「サク旅」の醍醐味。

2:1つの旅で1つの憧れを叶えること
旅先であれもこれも欲張ってしまうとリフレッシュに行ったはずが、逆に疲れてしまうもの。「サク旅」でのルールは、メインの目的を1つだけ決めてそれを達成すれば「合格」ということ。例えば「札幌でパフェを食べる」のが目的ならパフェを食べればもう目的達成。残りのことはオマケ感覚で、ゆるゆると楽しもう。

3:SNSをフル活用すること
効率的な旅をするためにも、SNSはフル活用させるべき。忙しい中でも充実した時間があることを後から思い出すためにも、旅の大事な一枚を旅行中に撮ることを忘れずに。

 「あんなことしてみたい!」という憧れの体験や、誰かにちょっと自慢したくなるユニークな体験が満載の同書。1泊2日の“サク旅”で、あなたも「憧れ」を叶えてみてはいかが?

img04

はあちゅう
ブロガー・作家。1986年生まれ。慶應義塾大学法学部在学中に友人と企画した、期間限定ブログが書籍化されたことをきっかけに媒体を横断した発信を開始。卒業旅行は企業からスポンサーを募り、タダで世界一周を敢行した。卒業後は電通、トレンダーズを経てフリーに。『疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記』『半径5メートルの野望』『言葉を使いこなして人生を変える』など著作多数。noteで継続している月額課金制マガジンや有料オンラインサロンも好評。

※掲載内容は変更になる場合があります。