主題歌は小田和正による書き下ろし! 知念侑李×中川大志×小松菜奈出演映画「坂道のアポロン」予告編映像に反響

エンタメ

2017/12/28


 実写映画「坂道のアポロン」の予告編映像が解禁。主題歌には小田和正の書き下ろし楽曲が使用されることも決定し、「小田さんの曲が雰囲気ピッタリ!」「予告編だけでも目頭が熱くなる…」と期待の声が上がっている。

 同作は、2009年度「このマンガがすごい! オンナ編」で第1位に輝いた小玉ユキのマンガが原作。優等生の主人公・西見薫が、不良少年・川渕千太郎との出会いをきっかけにジャズの魅力に目覚めていく青春群像劇だ。2012年にはアニメ化もされ、音楽シーンの完成度の高さが話題に。映画の監督は青春映画の名手として知られる三木孝浩が担当する。

 映画では薫を知念侑李、千太郎を中川大志が演じ、千太郎の幼馴染・律子には小松菜奈をキャスティング。ほかにもディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀といった実力派キャストたちが集結した。

img01.jpg
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会(C)2008 小玉ユキ/小学館

 公開された予告映像は、大人になった薫が医師として働いている場面からスタート。薫は10年前初めて千太郎と出会った時のことや、2人でジャスセッションを繰り広げていた青春の日々を回想した。バックに流れる音楽はジャズから小田の「坂道を上って」に変わり、千太郎はある事件をきっかけに薫の前から姿を消してしまう。「千太郎が原作からそのまま出てきたみたい」「小田さんの新曲で自分の青春時代を思い出した」「漫画を読んだ時の気持ちがよみがえってくる」と、映像を見た人からは感動の声が続出している。

 小田は同作に対して、「演奏の場面はスタッフの音楽に拘る気持ちが伝わって驚くほどの仕上がりでした」と大絶賛。主題歌については「自分の書く曲が映画制作に携わった人たち、見る人たちの想いに少しでもそうことが出来れば嬉しいです」とコメントしている。

img02.jpg
(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会(C)2008 小玉ユキ/小学館

 漫画では味わえない音楽が寄りそった物語を堪能するためには、劇場へ足を運ぶしかないだろう。

■映画「坂道のアポロン」
原作:小玉ユキ
監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉
出演:知念侑李、中川大志小松菜奈
公式サイト:http://www.apollon-movie.com/