“萌え袖”にセクシーショットも! マガジン表紙&巻頭グラビアの乃木坂46・白石麻衣に大反響

エンタメ

2018/1/2

img01.jpg
『週刊少年マガジン』4・5合併号(講談社)

 2017年12月27日(水)に発売された『週刊少年マガジン』4・5合併号で、乃木坂46・白石麻衣が表紙と巻頭グラビアに登場。ファンから「表紙のまいやんかわいすぎない!?」「やっぱり次元が違うレベルの美人だな!」と大きな反響を呼んでいる。

 乃木坂46としてグループ初の東京ドーム公演を行うなど、2017年を通して大活躍してきた白石。2017年2月発売のセカンド写真集『パスポート』は累計発行部数25万部を突破し、異例のメガヒットを記録している。今回の表紙で白石は冬らしいアウターを羽織り、笑顔を浮かべている姿を披露した。

 同誌では全6ページにわたって巻頭グラビアも掲載。1ページ目では「Smile of the year」というキャッチコピーと共に、キュートな笑顔を浮かべる白石が登場した。グラビアページの後半では手のひらまで真っ赤なセーターに包まれた“萌え袖”姿の白石が、街中を練り歩くカットも多数掲載。どの写真でも笑顔でカメラを見つめ返しているため、まるで一緒にデートをしているような印象を与えてくれる。

 今回のグラビア企画でとくに読者の目を奪ったのは、3ページ連続で掲載されたセクシーショット。1枚目のカットでは「心奪われる眼差し―」という文言つきで、鎖骨と肩を惜しげもなく披露。続いて掲載された写真には「完全無欠のボディ―」というコピーが掲げられ、ソファーで体育座りをしている姿が。丈の短いショートパンツを履いているため、白い太ももが大胆に露出されることに。3枚目のカットでも「まさに21世紀最高!!」というコピーと合わせて、セクシーな太ももがしっかり収められた。

 グラビアページに掲載されたサービスショットの数々に、読者からは「白石麻衣ちゃんのグラビアがセクシーすぎて迷わず『マガジン』購入した!」「太ももの破壊力がもはや凶器の域に達してる」と大反響。

“乃木坂46の美神”が放つ魅力を存分に堪能しよう!