女優・土屋太鳳、清純派女優のイメージをいい意味で裏切った美麗ショットを大胆披露!

エンタメ

2018/1/1

 女優・土屋太鳳の女優デビュー10周年を記念したメモリアル写真集『初戀。(はつこい)』(東京ニュース通信社)が発売されました。20歳の記念に出した「DOCUMENT」に続く、待望の第2弾は、彼女自身のプロデュースにより自身の感情のままに、激しく、そして美しい瞬間瞬間を切り取った、世間のイメージをいい意味で裏切った斬新な1冊となっています。

 土屋太鳳といえば、連続テレビ小説「まれ」のヒロインを演じました。清純派女優のイメージの強かった彼女ですが、2016年に世界的なアーティスト、Siaの「アライヴ」のミュージックビデオで激しくそして切ないダンス披露し、新たな一面を見せてくれました。本書『初戀。』では、その振り付けを担当した辻本友彦氏による演出のもと撮影を行っています。

 絢燗豪華な美術・工芸品に囲まれた空間での着物を衣装にした超美麗ショット。火山特有の岩肌がむき出しになった富士山裾野での幻想的なショット。オフタイムを遊園地や街歩きなどで楽しむ等身大の笑顔、そして都内や近郊の著名な建物で魅せる物憂げな大人の女性の表情。写真集では彼女がこれまで見せてこなかった様々な表情を見せており、再び世間を驚かすのではないでしょうか。

■表現者として込めた想い

土屋太鳳は自身のInstagramで

撮影の空気も 打ちのめされた時間も アドバイスの言葉も 感謝もコンプレックスも愛情も 挫折も憧れも楽しさも 変化も変わらないことも 心の中も底も揺れも覚悟も出来る限りの今の自分をこめました。­「初戀。」を私からの手紙のひとつとして受け取っていただけたらしあわせです…!

と綴っています。

 カメラマン・藤本和典氏と辻本氏、そして土屋太鳳がシンクロした圧巻のカットが怒濤のように押し寄せる写真集に注目です。

文=白瀬みなみ