舞台は遺影専門の写真館「鏡影館」がある街。道尾秀介にしか描けない世界観の壮大な長編ミステリー『風神の手』発売を記念したTwitterキャンペーンも

文芸・カルチャー

2018/1/12

『風神の手』(道尾秀介/朝日新聞出版)  道尾秀介氏の最新刊『風神の手』(朝日新聞出版)が2018年1月4日に発売された。  彼/彼女らの人生は重なり、つながる。隠された“因果律(めぐりあわせ)”の鍵を握るのは、一体誰なのか――。遺影専門の写真館「鏡影館」がある街を舞台にした、朝日新聞連載の「口笛鳥」を含む長編小説。... 続きを読む