2018年注目スイーツはこれ! 至福のキャラメルスイーツレシピ

食・料理

2018/1/22

「キャラメル」の魅力をとことん楽しめるレシピ本『至福のキャラメルスイーツ』が、2018年1月15日(月)に発売された。

 著者・若山曜子は、発売前から予約が殺到した『ガトー・インビジブル』を執筆した料理研究家。褐色のソースやクリームでお菓子がもっとおいしくなる、キャラメルスイーツの魅力を紹介していく。

img02.jpg

 キャラメル専門店が話題を呼んだり、キャラメル味のポップコーンやサンドクッキーに連日行列ができるなど、今や「キャラメル」はスイーツ界で大人気のフレーバー。近年注目が高まっているキャラメルを使ったチーズケーキやパウンドケーキ、ロールケーキにプリンなど、定番から新顔まで全45種類のスイーツレシピがまとめられている。

img03.jpg

img04.jpg

 パティスリーをはじめ、カフェや輸入食材店など様々な場所に並ぶ「キャラメルクリーム」は、キャラメルのおいしさをそのまま楽しめるのが魅力的。しっかりと焦がした砂糖に生クリームのこくが加わった濃厚でビターな味わいは、サンドクッキーやロールケーキ、朝食のトーストやヨーグルトにもぴったり。

img05.jpg

 水と砂糖、生クリームとシンプルな材料で作れるクリームを使ったレシピを詳しいプロセス写真で紹介していく。おススメの楽しみ方や、キャラメルクリームを使ったお菓子を多数掲載。甘く香ばしく、少しほろ苦い「キャラメル」の深い味わいを心ゆくまで楽しもう。

img06.jpg

<レシピの1例>

img07.jpg

パリのレストランのメニューをイメージした、スフレチーズケーキのような口溶けのプリン。

img08.jpg

バットでラフに作れるブラウニー。上に重ねたキャラメルクリームとマスカルポーネチーズの相性が抜群。

img09.jpg

人気の生キャラメル。フランスで定番の塩バターキャラメルをはじめ、ラズベリーやコーヒー、ゆずのアレンジも味わおう。

<目次>
Chapitre1:シンプルに楽しむキャラメルクリーム
基本のキャラメルクリーム、ドリンク(キャラメルほうじ茶ラテ etc.)、アレンジ(チョコキャラメルクリーム etc.) ほか
Chapitre2:キャラメルクリームで作るお菓子
オレンジ風味のキャラメルマドレーヌ、キャラメルフォンダンショコラ、洋梨のキャラメルフラン ほか
Chapitre3:キャラメルソースとキャラメリゼのお菓子
ナッツのカリカリキャラメリゼ、キャラメルソースとレモンクリームのティラミス、キャラメルバナナのマフィン ほか
Chapitre4:キャラメルを楽しむプリン
カスタードプリン、プリンケーキ、グレープフルーツのクレームブリュレ、りんごのパンプディング ほか

img10.jpg

若山曜子
東京外国語大学フランス語学科卒業後、フランスへ留学。ル・コルドン・ブルー、エコール・フェランディを経て、フランス国家資格(C.A.P)を取得。パリのパティスリーやレストランで経験を積み、帰国後は雑誌や書籍でのレシピ提案、料理教室主宰などで活躍中。経験に基づく大胆な発想と、家庭での作りやすさを兼ね備えたレシピが人気を集めている。著書に『フライパンリゾット』、『フライパンで作れる まあるいクッキーとタルトとケーキ』ほか多数。

※掲載内容は変更になる場合があります。