名探偵からしがないサラリーマンに!?『金田一37歳の事件簿』連載スタートに大反響

マンガ・アニメ

2018/1/27

img01.jpg

 2018年1月23日(火)発売の『イブニング』4号で、高校生探偵・金田一一の20年後の姿を描いた『金田一37歳の事件簿』の連載がスタート。ファンから「この20年で金田一に何があったんだろう…」「一ちゃんと美雪がどうなったのかが1番気になる」と反響の声が続出中だ。

 大人になった一は、『金田一少年の事件簿』から20年の時を経て37歳に。一は華々しい“名探偵”ではなく、しがないサラリーマンになっていた。「もう謎は解きたくない」とぼやく一だったが、事件は一に容赦なく襲い掛かる―。

「これはスピンオフではない――。」というコピーも添えられた同作に、ファンは「“スピンオフではない”の文言が心に響く」「一ちゃんが俺たちと同じように年を取っていくのが嬉しい」「第1話面白かったし、これから更に面白くなりそう」「事件の舞台に金田一一が帰ってきたって状況がアツい!」と大興奮のよう。

 また『金田一少年の事件簿』に登場していたキャラクターの20年後の姿も気になる要素。「37歳の美雪と一ちゃんの関係は要注目ポイントだよなぁ」「明智警視とか剣持警部がどうなっているのか…。剣持警部もしかして還暦?」「イケオジ・高遠さんの姿を熱望している」と、再登場を期待しているファンは多そうだ。

 37歳になった一がどのような活躍をみせるのか。あの名言を再び聞ける日を心待ちにしていよう。