待望の話題作が遂に日本上陸! ダン・ブラウン最新作『オリジン』は『ダ・ヴィンチ・コード』を超える!?

エンタメ

2018/1/26

 小説であり、映画化もされた『ダ・ヴィンチ・コード』、その名前を覚えている方も多いだろう。『ダ・ヴィンチ・コード』は、日本では2004年に小説が発売され、2006年に映画が公開されると、大きな社会現象を巻き起こした。その作者であるダン・ブラウン氏の最新作『オリジン』(ダン・ブラウン:著、越前敏弥:訳/KADOKAWA)の発売が決定。2月28日(水)に発刊予定だ。

『ダ・ヴィンチ・コード』のように熱い議論を呼ぶこと、間違いなし!
――ニューヨーク・タイムズ
世界を舞台に飛び回る象徴学者ロバート・ラングドンのファンは歓喜するだろう。
――USAトゥデイ

 既に海外メディア各紙で高い評価を得ており、日本のファンの間でも『オリジン』の発売を待ち望む声が高まっている。

■『天使と悪魔』『ダ・ヴィンチ・コード』…、ダン・ブラウンの代表作「ラングドンシリーズ」

 ダン・ブラウン氏の作品は2017年の時点で、世界56言語に翻訳され、累計2億部を突破している。そんな彼の代表作が「ラングドンシリーズ」だ。宗教象徴学者であるロバート・ラングドンを主人公に描く長編推理小説であり、『天使と悪魔』『ダ・ヴィンチ・コード』『ロスト・シンボル』『インフェルノ』に続き、本作『オリジン』が5作目となる。どんなストーリーなのか。気になるあらすじを少しだけ紹介したい。

 ロバート・ラングドンは、元教え子のエドモンド・カーシュが主催するイベントに招待され、スペインの美術館を訪れる。そのイベントでカーシュは、人類にとって根源的な2つの問い「我々はどこから来たのか」「我々はどこへ行くのか」の答えとなる、衝撃的なプレゼンテーション映像を発表しようとしていた。そんな中、壇上に上がったカーシュは無残にも銃殺されてしまう。目の前で元教え子カーシュの命を奪われたラングドンは深い悲しみと怒りを覚え、自分が犯人を突き止め、カーシュの発見を世界に伝えることを決意する。犯人は誰なのか、その目的とは、そしてカーシュが伝えたかったメッセージとは…

 果たして今回、ラングドン教授は何を解明するのだろうか。そして、人類にとって根源的な問いに対する答えは明かされるのだろうか。どんな結末が待っているのか、楽しみに待ちたい。

文=kisanuki