「新興宗教」「カルト」を身近にしたコミックエッセイが大反響

アニメ・マンガ

2018/2/6

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』いしいさや講談社KCデラックス  ここ数年、新興宗教の実態を綴るエッセイが多数登場している。先駆けは、2013年に出版された『カルトの思い出』。作者の手持望が、いかにカルトに傾倒し脱退したかを振り返り、自責の念を込めて描いた作品だ。赤裸々な内容に衝撃を受けた人は多いだろう。... 続きを読む