第2回「twitter文学賞」全順位決定!国内部門第1位は津原泰水『11 eleven』に決定!

文芸・カルチャー

2012/2/23

書評家の豊崎由美氏主催で昨年から行われている「twitter文学賞」の第2回の結果が発表されました!

「twitter文学賞」とは文字通りtwitterのみで投票できる文学賞で、第2回の今回は2011年発行の作品から読者が本当に面白かった本を投票するというものです。
投票は一人一票のみなので、読者が考えに考え抜いた、これこそという一冊に一票を投じてできあがる純度の高いランキングは注目です。

投票は国内作品と海外作品に分けて行われるので、あまりスポットが当たることの少ない海外小説にもしっかりランキングができあがるので、これから海外小説を読みたいと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

国内部門、海外部門上位5位は以下のとおりです!

<国内部門>
1位 『11 eleven』 津原泰水 河出書房新社
2位 『こちらあみ子』 今村夏子 筑摩書房
3位 『これはペンです』 円城塔 新潮社
4位 『雪の練習生』 多和田葉子 新潮社
5位 『舟を編む』 三浦しをん 光文社
<海外部門>
1位 『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』 ジュノ・ディアス 新潮社
2位 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 ジョナサン・サフラン・フォア NHK出版
3位 『犯罪』 フェルディナント・フォン・シーラッハ 東京創元社
4位 『紙の民』 サルバドール・プラセンシア 白水社
5位 『アニマルズ・ピープル』 インドラ・シンハ 早川書房

6位以下のランキングは「Twitter文学賞お知らせブログ」で発表されています!
国内部門第1位の津原泰水氏からのコメントも掲載されているので、そちらもチェックしてみてください。
■「Twitter文学賞お知らせブログ」(Twitter文学賞事務局告知ブログ)

石井千湖氏、大森望氏、佐々木敦氏、杉江松恋氏、豊崎由美氏による結果発表の模様です。