福本伸行『アカギ』が遂に完結、ファンから労いの声

マンガ・アニメ

2018/2/10

 福本伸行の『アカギ~闇に降り立った天才~』が、2018年2月1日(木)発売の『近代麻雀』3月1日号で最終回を迎えた。同号では表紙と巻頭カラーを飾り、「ついに終わってしまったのか…」とファンから悲しみの声が相次いでいる。

 1991年から連載を開始した同作は、麻雀の天才・赤木しげるの人生を少年期から青年期まで描き、赤木が伝説の雀士へと上り詰めていく様を描いた作品。読者からは「麻雀覚えようと思って読み始めたらぐいぐい引き込まれた。恐るべし……!」「ルールを知らなくても面白くて一気に読める」「福本作品独特の雰囲気と心理戦に痺れる」と好評で、2005年にはテレビアニメ化、2015年からは本郷奏多主演で実写ドラマのシリーズも放送されている。

 最終回を見届けた読者からは「なんだかんだ良い最終回じゃないか! もう思い残すことはない!」「福本先生の作品はギャンブル漫画ではなく人情漫画だってことがよくわかるラストだった」「こういう希望がある終わり方も好きだなぁ」と絶賛の声が続出。「福本先生27年間お疲れ様でした!」「今の福本先生らしい最終回をありがとう」と、作者へ対する労いのメッセージも数多く寄せられている。

 2018年5月25日(金)からは、実写ドラマの新シリーズ「アカギ~鷲巣麻雀完結編~」の放送が決定。前作に引き続き赤木を本郷、鷲巣を津川雅彦が演じ、主題歌は湘南乃風の書き下ろし楽曲「国士無双」となることも発表されている。また新作の放送を記念して、2017年放送の「竜崎・矢木編」「市川編」が2月9日(金)より18週連続で放送。完結編へ向けての復習としてこちらもチェックしておこう。

 単行本の最終36巻は5月ごろに発売予定。公式通販サイト「近代麻雀STORE」では「アカギ 名シーンマフラータオル」「鷲巣麻雀20周年ジョッキ」などの記念グッズも販売中なので、気になる人はぜひ一度覗いてみては?

■ドラマ「アカギ~鷲巣麻雀完結編~」
原作:福本伸行
放送:5月25日(金)
監督・演出:久保田充
出演:本郷奏多、津川雅彦、田中要次、神保悟志 ほか
公式サイト:https://www.bs-sptv.com/akagi/