貴志祐介の超大作SF『新世界より』テレビアニメ化決定!

マンガ・アニメ

2012/2/27

2010年に『悪の教典』で直木賞候補にもなった貴志祐介の長編SF『新世界より』がテレビ朝日系列でアニメ化されることが決定しました!


 
『新世界より』は2008年に単行本が刊行され、『ダ・ヴィンチ』2008年5月号で「今月のプラチナ本」に選ばれるなど、刊行直後から話題を集めていた作品です。
その後、第29回日本SF大賞を受賞、その他にも「このミステリーがすごい2009」第5位、「2009年本大賞」第6位と、SFからミステリーまでジャンルを越えた面白さを持つ長編小説です。

その『新世界より』を、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のA-1 Picturesが制作します!
監督は次世代のエースと目される石浜真史が担当。

映像化不可能と言われていた、イマジネーションに満ちた特異な世界観と、壮大なストーリーがどのように映像化されるのか非常に楽しみです。

■アニメ「新世界より」特設サイト(テレビ朝日)

<「新世界より」ストーリー>
1000年後の日本。
社会の基盤となっているのは、もはや科学文明ではなく、その時代の人間であれば誰しもに備わっている「呪力(じゅりょく)」と呼ばれる念動力。彼らは、小さな結界の中で、数千人ほどの小さなコミュニティーを形成し暮らしていた。
そんな世界で育った5人の少年少女、早季、覚、真理亜、守、瞬は、ある出来事から、自分たちを育んできた社会は、一部の大人によって徹底的に管理・統制されたものであることに気づく。さらに、その裏には、人類の血塗られた歴史も隠されていた。やがて、すべてを知った彼らは、世界と仲間を守るために、命を賭けた冒険と戦いに身を投じていくことになる。

<キャスト>
渡辺早季役:種田梨沙
朝比奈覚役:東條加那子
秋月真理亜役:花澤香菜
伊東守役:工藤晴香
青沼瞬役:藤堂真衣

3/31~4/1幕張メッセで行われる、アニメコンテンツエキスポでステージイベントが行われます。
(「新世界より」のイベントは4/1)
■「アニメコンテンツエキスポ」公式サイト