横浜流星がウブな先輩役、本気ラブを描く『兄友』最新場面写真解禁!

エンタメ

2018/3/5

横浜流星の単独初主演となる初夏公開映画『兄友』から、最新の場面写真が公開された!
ドラマに続き劇場映画としても公開される本作は、累計部数77万部を超える人気コミックス「兄友」(白泉社刊『花とゆめ』で連載中)の待望の実写化。
恋に興味なしのJKとウブな先輩の初めての本気ラブが描かれる、ハートフルラブ・ストーリーだ。

 イケメンなのに女性に超奥手な主人公・西野壮太を演じるのは、『キセキ ―あの日のソビト―』『オオカミ少女と黒王子』『honey』と話題作に立て続けに出演し、注目度・人気ともに急上昇中の横浜流星。

 ヒロインの七瀬まいには、昨年公開された映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』で映画初主演を果たした松風理咲が、恋愛に興味なしのJKを新境地ともいえるコミカルな演技で挑む。

 さらに、主人公たちを囲むのは、松岡広大、古川毅、小野花梨といった若手注目俳優たち。そして『なつやすみの巨匠』『俺たちの明日』などで知られる中島良監督が、ドラマ・映画ともにメガホンをとった話題作だ。

 恋に奥手の2人の、もどかしいけどハートフルなラブ・ストーリーに目が離せなくなる!
 ドS王子の次にくるのは、“ウブ王子”? ぜひ注目してほしい。

【物語】
 イケメンなのに女性に超奥手な西野壮太(横浜流星)は、ある日友人・七瀬雪紘(古川毅)の自宅で妹・まい(松風理咲)と出会いドキドキ!
 西野は思わず「妹さん…可愛いな」と雪紘に伝えてしまう。ところがこの兄妹の部屋は壁が薄くて、その会話はまいの部屋につつ抜けに。イマドキの恋愛ができない素朴なまいは、兄たちの会話で不思議な気持ちを初体験。
 そして何とか自分の気持ちを伝える壮太とまいは付き合うことに…ところが、壮太の従妹・加賀樹(松岡広大)も、まいを好きになってしまい…。まさかの三角関係勃発か?!果たして、この二人のウブ・ストーリーの結末は?!
 

【映画情報】 初夏、全国順次公開!!
 ・出演:横浜流星
     松風理咲 松岡広大 古川毅 小野花梨 他
 ・監督:中島良
 ・脚本:中川千英子
 ・原作:「兄友」(白泉社)
 ・主題歌:サイダーガール「パレット」(UNIVERSAL J)
 ・制作プロダクション:ドリームプラス、ブースタープロジェクト
 ・配給:T・JOY
  (c)『兄友』製作委員会

■公式サイト: http://anitomo-movie.jp
■公式twitter:  @anitomo_eiga