藤田和日郎『からくりサーカス』TVアニメ化にファン大興奮!「本当に最高に嬉しい」

アニメ・マンガ

2018/3/18

img01
『週刊少年サンデー』16号(小学館)

 2018年3月14日(水)発売の『週刊少年サンデー』16号で、藤田和日郎『からくりサーカス』のTVアニメ化が発表された。12年の月日を経てアニメ化した名作に、ファンは「願い続けてれば叶うんだな!」「最高に! 本当に最高に嬉しい!!」と大興奮のようだ。

 同作は1997年から2006年まで連載されていた、累計1500万部超えの大ヒット熱血アクション漫画。主人公は、大手家電メーカーの遺産を相続した少年・勝。命をつけ狙われていた勝は、偶然居合わせた青年・加藤鳴海に救われる。一時はピンチを脱した勝だったが、再び追手に追われることに。そんな中勝を救ったのは、銀髪の女・しろがねだった。

 複雑に絡み合う3人の物語を描いた同作は、「本当に“バイブル”というべき物語」「希望と絶望、ギャグとシリアス。からくりの様な緻密なストーリーとサーカスの様な驚きの展開で引き込まれる」「自分の人生の指針になるような言葉がいっぱい詰まった名作です」と多くのファンに愛されている。

 2006年に連載終了した同作のアニメ化にファンは、「今の時代に動いて喋るからくりサーカスが見られるというだけでもう胸が詰まる! 最高の時代だ!」「絶対に泣く… てかもう泣いてる…」と大喜び。

 作者の藤田も、公式サイトで「ついに! ついに! ついに! 『からくりサーカス』アニメ化!」「ゲンサクシャは『やった~~!』と『え~!? できないだろ~冗談やめろよ~!』の交差点でうろうろしてますな!」とコメント。また自身のTwitterでは「こんなことゼッタイにないと思っておりました! ゼッタイに、は無いのだねえ」と語っている。

 主人公・勝役の声優が、プロ・アマ問わずオーディションで選ばれることも判明。『サンデー』16号の表紙は、藤田が現在本誌で連載している『双亡亭壊すべし』と『からくりサーカス』のコラボバージョンとなっている。アニメ化や勝役オーディションの詳細は、ぜひ本誌でチェックして欲しい。

■アニメ「からくりサーカス」
原作:藤田和日郎
公式サイト:http://karakuri-anime.com/