文章の基礎から胸キュンセリフまで!? 言葉だけに特化した新しい学びの場「コトバ大」開講

ライフスタイル

2018/3/22

img01

 2018年の春、言葉だけに特化した新しい学びの場「コトバ大」(言葉の大学校)が開校される。講座内容は雑誌・Webライターや広告コピーライター、シナリオライターの基礎を学べるものを中心にラインナップ。その他にSNS講座や手紙講座、フードライター講座や胸キュンセリフ学など多彩な講座が提供される。

 講師は各業界で話題のクリエーターがメイン。コピーライター・坂本和加や、Twitterで11万人のフォロワーを誇るカツセマサヒコの登壇が決定している。第一線で活躍する講師陣とふれあいながら学習しよう。
詳しくはこちら

img02

「言葉」は誰もが子どもの頃から接し、日常的に使用しているコミュニケーションツール。何かを説明したり記録したりするだけでなく、感動を生み出す力も兼ね備えている。しかもこの道具は特別な機材などを準備する必要もなく、いつでも自由に使用可能。時代が変わっても廃れることなく、磨き続けられてきた。

 雑誌編集者、ライター、脚本家、放送作家、作詞家、ラジオパーソナリティ、小説家など、自分の言葉を使って発信できる職種は豊富に存在する。「コトバ大」は言葉の使い方を磨き、言葉を使うさまざまな職業と出会う場所。趣味を広げて新しい価値観と出会ったり、自分らしい暮らし方を見つける参考になるはず。

 講座のタイプは約半年間のメイン講座と全4回の短期講座、3時間講座に分かれている。短期講座と3時間講座は、新教室を続々立ち上げ中。応募は「コトバ大」公式サイトの各教室詳細から行おう。

<メイン講座>
メイン講座は年に2期(春~秋、秋~春)で全16回、20時から開講される。プロになるための第一歩として、または現在の仕事でスキルアップするために学習できる講座。参加者募集は締切間近なので急いでチェックを。

・文章の基礎/初級ライター講座(講師:山葉のぶゆき)
雑誌やWeb媒体、ブログ等の執筆力と企画力を磨く。講師は編集プロダクション「エフェクト」代表、山葉のぶゆき。タイトル、キャッチ、ネームなど文章のネーミングからスタートして、実習を中心にライターとしての基礎知識と文章力を身につけよう。
詳しくはこちら

・広告とコピーライター講座(講師:坂本和加、こやま淳子、蛭田瑞穂)
今活躍する3名のコピーライターがワークショップスタイルで展開する講座。「行くぜ、東北」で有名な坂本和加、『ヘンタイ美術館』の著者・こやま淳子、『テーマで学ぶ広告コピー事典』の著者・蛭田瑞穂が登場。実践形式でコピーの基礎を学習できる。
詳しくはこちら

・シナリオ/ストーリーライティング講座(講師:倉田健次)
自分にしか描けないシナリオ・物語を創るノウハウを学ぶ。講師は「サンダンス・NHK 国際映像作家賞」グランプリなど、さまざまな賞を獲得した映画監督・シナリオライターの倉田健次。これからの脚本家に必要なスキルや情報を、実践を通じて伝授していく。
詳しくはこちら

<短期講座>
全4回(毎週きまった曜日)で開催する短期講座。楽しみながら言葉を学習できる講座がテーマ別で展開される。

・これからのフードライター講座(講師:大西健俊)
『食楽』編集長が今後のフードライターに必要なスキルを講義。
詳しくはこちら

・胸キュンセリフ&シーン学
ドラマや漫画の胸をキュンとさせる恋愛シーンとセリフに特化した教室。
詳しくはこちら

・ココロを手で書くお手紙学(講師:大場敦子)
手紙の書き方コンサルタント・大場敦子による手紙のルールやマナーの講座。
詳しくはこちら

<3時間講座+親睦会>
新しい言葉の世界に出会う場所として、またはコトバ大卒業生が集う場所としてカジュアルに学習できる3時間講座。カツセマサヒコの「効果的にメッセージを伝えるSNS講座」や、仕事をしながら副収入を目指す「副業ライター学」といった講座が開かれる。さらに“あの本屋”が「心をつかむポップ学」を開講。その他に言葉関係のゲストによるトークイベントなどが予定されている。

<キャンパス>東京都渋谷区宇田川町36-6 ワールド宇田川ビル「アットビジネスセンター渋谷」、東京都渋谷区渋谷2-22-8 名取ビル「アットビジネスセンター渋谷東口駅前」のどちらかで開催。

<運営・お問い合わせ>
株式会社エフェクト/コトバ大運営室
TEL 03-3377-1123/FAX 03-3377-1124
https://www.kotobadai.com

<展示会開催>
「コトバ大」開校を記念して展示会の開催も決定。一般的に編集者やライターは、雑誌やWeb、広告物などの企画・執筆を行っていると思われがち。しかし他にも“意外な仕事”に参加しているケースがある。同展では編集者・ライター全8組が登場して、意外な仕事の内容を展示。編集者・ライターが行っているモノづくりの幅広さを体験できるだろう。展示会場ではトークイベントも開催予定。アルコール類も用意されているので、気軽に足を運んでみてはいかが?

■展示会「編集者とライターの意外な仕事展」概要
日時:2018年3月25日(日)14:00~17:30(15:30よりトークイベント)
開場:東京都渋谷区東1-3-1 カミニート 2F playroom
観覧料:無料
主催:コトバ大(言葉の大学校)、株式会社エフェクト
トークイベントスケジュール:前半(15:30~16:10)TABIPPO代表・前田、株式会社ロースター、フリーライター・三原明日香、ローデッド編集長・宇田川が出演。後半(16:30~17:00):都恋堂・小林、桃山商事・清田、山葉による座談会。
◆「playroom」公式サイト:http://www.plrm.jp/

※掲載内容は変更になる場合があります。