1日たった10回! 理想のくびれを作れるスクワット

健康・美容

2018/3/25

 理想のくびれを作るためのトレーニング方法を紹介する、『くびれる 1日10回スクワット』が2018年3月16日(金)に発売された。

 著者はパーソナルトレーニングを専門にしている「ジャングルジム」主宰の吉江一彦。役柄や衣装にもフィットする“魅せる”ためのボディメイキングを得意とし、大物ミュージシャンや女優、モデルたちから支持されてきた。同書では今まで公開してこなかった吉江流メソッドがわかりやすくまとめられている。

img02

 吉江が提案するスクワットは、「立つ」という動作ひとつ見ても従来のやり方と違うのがポイント。少ない回数でも、太ももや腰周りの筋肉をしっかりと鍛えられるようにデザインされている。しかも下半身だけにとどまらず、脂肪の付きやすい小腹やインナーマッスル、鍛えにくい背筋にも効果的。

img03

img04

<吉江流・くびれるスクワットのポイント>
立ち方は従来のスクワットよりも脚幅を広くとる。
腕は体に沿うようにし、より深く腰を落とす。
お尻は自然と後方に突き出すようにする(腰痛予防)。

 紹介されるのは、スクワットと筋力アップで“セレブボディ”を作る最強プログラム。スクワットと筋トレを組み合わせたプログラムは、多くの女優やモデルたちも例外なく実践しているトレーニング法。短期間で確実に「理想の自分」に近づけるエクササイズで、憧れのくびれを手に入れてみてはいかが?

img05

吉江一彦(よしえ・かずひこ)
幼少よりスポーツに親しみ、アイスホッケー選手として国体に出場。大手スポーツジム勤務を経て、「より個人の希望や体力に合わせてきめ細かいトレーニングを提案したい」という思いから、2001年に日本でいち早くパーソナルトレーナーとして独立。「ジャングルジム」をオープンし、トレーニングを“ボディデザイン”に高めることで支持される。

※掲載内容は変更になる場合があります。